2021年最新版改造!Xbox One&series x/sで自作ソフトを導入するための『開発者モード有効化』導入【設定・やり方】

 

Xbox Oneも改造が進み、持っているカートリッジをダウンロード専用
ソフトの様にも使用出来るようになったり吸出しや読み込みも高速化も可能に!

ということで今回は『2021年最新版改造!Xbox One&series x/sで自作ソフトを導入するための『開発者モード有効化』導入【設定・やり方】』についてご紹介します。

 

 

Xbox One改造(開発者モードを有効)で出来る機能は??

 

Xbox OneにCFWを導入すると以下のようなことができるようになります。

  • チートの使用
  • エミュレータを導入
  • ホーム画面のカスタマイズ・カスタムテーマ導入
  • ゲームのMODを導入

 

などの項目が可能になります。

 

①チート・セーブデータ編集が使用可能に

 

チートやセーブデータ編集を駆使すれば、レベル上げも簡単にできますし

無敵化などを使用してゲームを楽に攻略することができます。

かなり便利ですが、チートを使用した状態でオンラインに接続する行為は法律違反で、アカウントをバンされる可能性もあるので注意。

 

②エミュレータが使用可能に

 

昔のゲーム機器であるファミコンやスーファミなどを
会社の違うプレステ4で楽しむことができるのがエミュレーターです。

  • ファミコン
  • スーファミ
  • ゲームボーイ
  • ゲームボーイカラー
  • ゲームボーイアドバンス
  • DS
  • メガドライブ

 

 

などのレトロゲームを、吸い出したデータを使うことで遊ぶことができます!!

 

 

④カスタムテーマ

 

カスタムテーマとは、Xbox Oneのホーム画面を好きなデザインにカスタマイズすることができる機能

  • アニメのキャラクター
  • ディズニーのテーマ
  • おしゃれなテーマ
  • シンプルなテーマ

様々なテーマを適用することができます。

 

開発者モードとは何ですか?

 

XboxがBuild2016イベントの基調講演で開発者モードを取得することを最初に発表しました。

Microsoftコンソールで開発者モードを有効にすると、UWPアプリをインストールして実行できます。開発者モードが有効になっている場合、小売ゲームやその他のサービスは機能しません。Microsoft Storeからダウンロードした小売ゲームやアプリをプレイするには、コンソールを再起動する必要があります。

UWPは、Windows 10、Windows 10 Mobile(Windows Phone)、Xbox One、およびHoloLensでアプリを実行できるようにする統合ソフトウェアプラットフォームでのMicrosoftの大物でした。UWPアプリの利点は、別のMicrosoftプラットフォームに移植するために書き直す必要がないことでした。開発者モードは、作成したUWPアプリをテストしたり、他の開発者からUWPアプリをサイドロードしたりするのに最適です。この機能は、すべてのXbox One時代のコンソールに加えて、XboxシリーズXおよびSで利用できます。コンソールが新しいほど、アプリのパフォーマンスが向上します。

 

開発者モードを有効にする理由

 

開発者モードを有効にする理由は2つあります。

  1. プラットフォーム用のアプリを作成していて、それをテストしたいと考えています。
  2. XboxにインストールするUWPアプリが見つかりました。

開発者であれば、プラットフォームとその利点をすでに理解している可能性があります。独自のアプリのサイドロードに関心がある場合は、MicrosoftがMicrosoftストアで許可しないエミュレーションやその他のアプリにも関心がある可能性があります。

ただし、開発者モードは完全に無料ではありません。Xboxでアクティブ化するには、個々のアプリ開発者のアカウントをマイクロソフトパートナーセンターに登録する必要があり ます (米国では19ドルですが、他の地域では費用が異なります)。

 

Xboxを「開発コンソール」としてパートナーセンターアカウントに追加する必要があるため、この手順をスキップすることはできません。自己負担費用を除けば、これを行うことに何の欠点もありません。開発コンソールをリテールモードで起動し、通常どおりにゲームをプレイすることもできます。

 

 

開発モードに移行する前に知っておくべきこと

 

新しいモードに切り替える前に、覚えておくべきことがいくつかあります。たとえば、Xbox Oneには現在リテールモード開発者モードの2つのモードがあり、選択したモードに応じて、コンソールはさまざまな機能セットにアクセスできます。

  • 小売モード:これは、消費者向けのXbox One本体の状態であり、誰でもストアからゲームやアプリをプレイできます。
  • 開発者モード(開発モード):これは、開発者が新しいアプリケーションを作成するために使用できる新しい状態ですが、小売アプリを実行したり、小売ゲームをプレイしたりすることはできません。ただし、Xbox Liveでゲームをプレイするために友達とチームを組む場合は、いつでも2つのモードを切り替えることができます。

本体がプレビュープログラムの一部である場合、XboxOneで開発モードをアクティブにすることはできません。この場合、Xboxプレビューダッシュボードアプリを使用してプログラムを終了する必要があります。これにより、コンソールが工場出荷時のデフォルト設定にリセットされ、すべてのゲームとアプリを再インストールする必要があります。

一度、小売モードに戻ります。ゲームコンソールで開発者モードをアクティブ化できるようになります。これにより、アプリのテストとビルドに必要なコンポーネントを含む新しいシステムアップデートがトリガーされます。ただし、アップデートには実験的なソフトウェアとプレリリースソフトウェアが含まれています。そのような機能が正しく機能しない、クラッシュする、データが失われることが予想されるシナリオです。

 

 

XboxOneで開発モードをアクティブ化する方法

 

リテールコンソールで開発者モードを有効にするには、次の手順を使用します。

 

Xbox Oneストアを開き、開発モードアクティベーションアプリを検索します。

ダウンロードをクリックします。

 

[確認]をクリックしてアプリをインストールします。

移動私のゲーム&アプリを

左側のペインから[アプリ]を選択します。

Dev Mode Activationタイルをクリックして、アプリを開きます。切り替えることを決定する前に、Microsoftの免責事項を注意深くお読みください。

 

注: Microsoftはまだ始まったばかりです。アプリを実行しようとして問題が発生した場合は、そのままにして、後で戻ってください。

 

アプリに表示されるコードに注意してください。

 

PCで、Webブラウザーを開き、http://developer.microsoft.com/xboxactivateにアクセスます。

DevCenterアカウントでサインインします。

アカウントをお持ちでない場合は、DevCenterアカウント登録ページにリダイレクトされます。

このページで、画面の指示に従います。画面の指示に従って、個人または企業のサブスクリプションをそれぞれ$ 19.00USDまたは$ 99.00USDで購入するように求められます。

 

 

HTTP上:// developer.microsoft.com/xboxactivate、あなたのXbox Oneのそれはあなたのために生成されたアクティベーションコードを入力してください。

注:アカウントでアクティブ化できるコンソールの数には制限があります。コンソールをアクティブ化したら、オンラインのDev Centerに戻って、アカウントの残りのアクティブ化を確認します。

 

[同意してアクティブ化]ボタンをクリックします。

コードを入力すると、XboxOneはアクティベーションプロセスを開始します。

アクティベーションプロセスが完了すると、コンソールは必要なプレビューソフトウェアのインストールに進みます。これには、最大で数時間かかる場合があります。

 

アクティベーションとソフトウェアのインストールに続いて、開発モードアクティベーションアプリを開き、[スイッチ]をクリックして再起動し、XboxOneで開発者モードを開始します。

 

 

XboxOneで開発モードを無効にする方法

 

開発者モードを使用する必要がなくなったら、次の手順を使用して非アクティブ化できます。

 

開きDevのホームをクリックして残す開発者モードのボタンを。コンソールが再起動すると、リテールモードに戻ります。

[マイゲームとアプリ]> [アプリ]にある開発モードアクティベーションアプリを開きます

[非アクティブ化]ボタンをクリックします。

マイゲームとアプリを開きます

左側のペインから[アプリ]を選択します。

アプリのリストから設定を起動します。

[システム]に移動し、[コンソール情報と更新]を開きます

[コンソールリセット]ボタンをクリックします。

[リセットしてすべてを削除]ボタンをクリックします。

プロセスが完了するまで待ってから、ゲームとアプリを再インストールします。

 

 

 

 

 

Xbox Oneに導入できるアプリ

 

 

簡単なナビゲーション、タブ、パスワード保護を備えた、XboxOne用の最高のファイルエクスプローラーアプリ

 

↑XboxOneでバックグラウンドで音楽を再生するアプリ

 

 

Xbox Oneで動作可能なエミュレータ

 

 

RetroArch

 

 

様々な機種のゲーム機を動かすことができる最強のマルチエミュ!

NES・SNES・GBAやセガのゲーム機も動作可能で
さらに現状で専門エミュのないニンテンドー64やプレステ1のエミュもプレイ可能。

個別で開発しているエミュよりは安定性・再現性が落ち
ゲームによっては不具合が出る可能性が高いのが難点ですが
いれておいて損はありません。

 

 

【PPSSPP PSPエミュレーター】

 

 

 

 

Xbox One改造の追記知識

 

 

↑導入した自作ソフトをゲームカテゴリに変更するの設定・やり方紹介

 

↑XboxOneの背景・バックグラウンド・ 色・テーマ

 

↑自作アプリの導入やり方

 

ゲームをプレイするにはROM必須

ゲームをプレイする際にハードウェアだけ用意していてもゲームソフトがないとプレイできないのと同様で、iPhoneでプレイする際にもプレイしたいゲームのROMがないとプレイできません。

 

↑PSPを改造することでお持ちのROMを吸い出し可能です。

 

↑こちらのサイトから簡単に手に入れることができるがやめておこう!

 

エミュレータは合法ですが、所有していないゲームのROMをダウンロードすることは著作権侵害と見なされます。一部の企業では、既に所有しているゲームの「バックアップコピー」を作成してもかまいませんが、これも常に許可されているわけではありません。ROMはオンラインで無料で入手できますが、ダウンロードは許可されません

 

 

まとめ

 

今回は【2021年最新版改造!Xbox One&series x/sで自作ソフトを導入するための『開発者モード有効化』導入【設定・やり方】】の紹介でした。

導入も簡単なので試してみてはいかがでしょうか?

 

またエミュレーターにはさまざまなゲーム機エミュがございます!

ファミコンから最新機種のswitchなどが開発されていますので
下記の記事を参考に好みのゲーム機エミュを導入してみましょう!!

 

↑こちらからゲームエミュの設定・使い方の一覧をまとめています