2022年版 PCエンジンエミュレーター『MagicEngine』ダウンロード・導入・設定・使い方【PC Engine】

 

 

 

ハドソンと日本電気ホームエレクトロニクス(NECホームエレクトロニクス、以下NEC-HE)により共同開発され、1987年10月30日にNEC HEから発売されたHE-SYSTEM規格に基づく家庭用ゲーム機PCエンジンPC Engine

PCエンジンをパソコンで実機よりも快適に美しい映像を楽しめるエミュレーターを活用しましょう!

 

今回紹介するエミュはPCエンジンエミュレーター『MagicEngine』

・MagicEngineの導入法・各種設定方法
・MagicEngineを最大限楽しめるおすすめ周辺機器
・エミュや海外サイトを利用する上での対策方法

上記疑問に関して細かく解説していますのでご参考に!!!

 

 

 

PCエンジンエミュレーター『MagicEngine』とは?

PCエンジンエミュレーター『MagicEngine』
公式サイト MagicEngine
費用 約1500円
機能 ステートセーブ
BIOS 不要
日本語 対応
スマホ 非対応
対応OS Windows・macOS
各種設定

 

MagicEngineは、有料のクローズドソースPCエンジンエミュレーター。

公式ウェブサイトのAboutページによると、MagicEngineはPC-Engineをほぼ完全にエミュレートします。エミュレータには次のものがあります。

 

機能
  • フルHuCardエミュレーション
  • 完全なSuperGrafxエミュレーション
  • フルCD-ROMおよびスーパーCD-ROMエミュレーション!(カスタムシステムカードを使用-BIOS ROMは不要)
  • 非常に正確で高速なエミュレーション
  • ゲームのセーブ/ロード機能
  • 素晴らしくて使いやすいグラフィカルユーザーインターフェイス
  • 5人のプレーヤーモード-完全に構成可能
  • 実際には、次の3つのオペレーティングシステムで使用できます。

 

ただし、MagicEngineを購入する必要があります。

30ドルかかりますが、無料トライアルでは、5分間ゲームをプレイできます。いったん5分間プレイしてみて問題なければ購入してみるのがいいと思います。

 

 

 

PCエンジンエミュレーター『MagicEngine』必要スペックは?

 

エミュレーターの場合、MagicEngineの要件はそれほど厳しくないということです。

 

個人的推奨スペック

推奨CPU Pentium4プロセッサまたは同等の2800MHz
推奨GPU DirectX互換のグラフィックカード以上
メモリー DDR4 2GB以上

 

いまのゲーミングパソコンであれば余裕で動きます。

ただし、複数のプラットフォームをエミュレートする場合、一部のプラットフォームは他のプラットフォームよりも要求が厳しいため、コンピューターが非常に古い場合は問題が発生する可能性があることを考慮に入れる必要があります。

 

 

MagicEngineに最適なパソコンの選び方は???

 

自分で自作せずに店頭で購入したり
自作PCをメルカリやヤフオクなどで購入した場合
グラフィックボードやメモリ・CPUなどの型番がわからない場合があります。

そんなときこちらのソフトを使用すれば
パソコン内で使用されているパーツの詳細を出してくれるので便利。

 

 

↑こちらからインストール手順と見方を紹介中!!

 

 

 

 ↑いまならばコスパ的にもほかのゲームに対応できるGTX1650

 

グラフィックボードに関しては下の記事で
スペック・消費電力・値段に対してのコスパなどを

まとめたGPU比較表を作成しましたのでご参考に!!

 

↑こちらからグラボ比較記事を参照ください

 

 

 

 

MagicEngine-FXは【 ゲーミングノートパソコン】であれば問題なく動作します!価格帯としては10万円を切ってなおかつ、SSD付き・メモリ16GBの上記のパソコンが適しています。

 

↑ノートパソコンでの使用をさらに詳しく知りたい方はこちら・・・

 

 

 

 

PCエンジンエミュレーター『MagicEngine』ダウンロード・インストール方

 

 

では【PCエンジンエミュレーター『MagicEngine-FX』】のダウンロード設定を行いましょう。

 

 

ただエミュレータ導入には海外サイトにアクセスする必要があり、日本のサイトに比べてウィルスや通信傍受の危険性が高いのでできればセキュリティを高めるために接続の匿名性に優れたVPNを導入することを勧めます。

 

VPNとは??

Virtual Private Network」の略。
簡単に言うと仮想の「専用回線」を使って、インターネットを利用することができます。
IPアドレスを自由に変更することができるので匿名性が向上します。

無料のサービスもありますが、回線品質が悪く速度が遅い問題があります。
そのため、回線品質が良い「NordVPN」等が人気です。

 

↑こんな感じで各国にあるサーバーをワンクリックで使用できるので匿名性は抜群!

 

VPNを使うことで海外のサーバー経由で通信できるため、[誰がダウンロードしたか分かるIPアドレス(ネットの住所)を隠すことができ]かつ[ハッカー対策]を行うことができます。

 

VPNの登録はこちらから!!

 

管理人の利用している「NORDVPN」であれば、1TBのクラウドストレージ(ゲームソフトをオンラインで保管)とパスワード管理アプリまでついて期間限定で約610円の値段で利用できますのでおすすめです。

またパソコン・スマホ両方にも対応しているので問題なく利用できます。

 

↑NORDVPNの使用感・レビュー

 

 

 

ステップ1:MagicEngineダウンロード手順

 

 

体験版のMagicEngineをダウンロードしていきます。

 

 

【手動のダウンロード手順】

  1. 右のURLからサイトに飛びます⇒http://www.magicengine.com/jp_index.php?sessid=lxGrW0xQ3ONWf5zng1nW4QJX-30A
  2. 左タブ内にある[ダウンロード]ボタンをクリックします。
  3. 自分のOSも適したボタンをクリックします。
  4. ダウンロードしたファイルを解凍します。

 

 

 

有料版のMagicEngineをダウンロードは以下の方法でダウンロードしましょう。

 

  • MagicEngine単体の場合は15 EUR(約1700円)
  • MagicEngine + MagicEngine-FXセットの場合は22.50 EUR(約2500円)

 

 

【有料のダウンロード手順】

  1. 右のURLからサイトに飛びます⇒http://www.magicengine.com/jp_index.php?sessid=lxGrW0xQ3ONWf5zng1nW4QJX-30A
  2. 上タブ内にある[注文]ボタンをクリックします。
  3. ウィンドウ内にある[MagicEngineの購入]のボタンをクリックし[次のページ]を選択。
  4. OSやエミュレータの種類を選択します。
  5. 支払方法を選択して[次のページ]を選択。
  6. 新規ユーザーかログインが選択します。
  7. 新しいアカウントを作成します。
  8. 確認ページに進み、ダウンロードすることができます。

 

 

 

ステップ2:PCエンジンのROM(BINデータ)を用意して配置

 

 

MagicEngineを利用するならPCエンジンのゲームデータが必須になります。

 

 

【ACのゲームデータを用意】

MagicEngineの主な起動ファイル形式

 

お持ちのACソフトをパソコンを介して吸い出しすることで“ファイル”は抽出されますので特に難しい変換作業等は必要ありません。

 

吸い出し時に用意する物

 

ゲームROMの吸い出し方法の中ではかなり簡単な方なので下記記事を参考に!!

 

 

↑PCエンジンのROMデータの吸い出し方法手順

 

 

PCエンジンのソフトは一本あたり1.0GB前後の容量になり、FF7やFF8などのCD-ROM4枚組となれば2GB以上食う形になりスマホの容量に不安がある場合は心もとありません。

エミュレータを使用するなら大容量のHDDを用意しておくと入れ直す手間が省けて快適!!

 

 


↑最低でも4TBあれば楽

 

 

 

 

海外サイトなどからROMをダウンロードすることは??

 

「吸い出しの手順めんどいなぁ-」

と思ったそこのあなた!! 確かにGoogleなどの検索からROMデータを検索すれば違法ダウンロードサイトなどに飛ぶことはできますがかなりのリスクがあります。

 

↑こちらのサイトから簡単に手に入れることができるがやめておこう!

 

エミュレータは合法ですが、所有していないゲームのROMをダウンロードすることは著作権侵害と見なされます。一部の企業では、既に所有しているゲームの「バックアップコピー」を作成してもかまいませんが、これも常に許可されているわけではありません。

ROMはオンラインで無料で入手できますが、ダウンロードは許可されません

 

 

ステップ3:VPNを導入(リスク軽減したい方向け)

 

 

一見便利なエミュや海外サイトですが利用する上で【2種類のリスクを抱えてる可能性】があることを把握しておいた方が賢明です。

その場合VPNを導入するのが懸命なのですが・・・・

 

  • 逮捕・多額の損害賠償金のリスク
  • ハッキング・ウィルスによるリスク

 

以上2点を許容できる方は【MagicEngine起動・遊び方】までスクロールしてください!

 

 

【逮捕や賠償金のリスク】

 

誤解を生んでるエミュですが【エミュレータの利用自体】は合法になります。

ただ著作権物に違反したファイルであれば、当然違法ダウンロードのカテゴリに分類されるので【逮捕や賠償金】の可能性が十分考えれます。

 

◆疑問くん◆
合法のコンテンツをダウンロードすれば問題ないんじゃない??

 

という疑問が出るかと思いますが【基本ダウンロード完了までファイル確認ができない】仕様なので合法だと思っていたファイルに違法コンテンツが混じっていたなんてことも十分考えられますし・・・・

 

◆疑問くん◆
一回だけダウンロードしたからと言ってバレたりするの??

 

という不安は現実的に有り得る話で【ダウンロード時にIPアドレス(ネットの住所のような物)が丸見え】になる仕組みで警察が本気を出せば簡単に個人特定が可能なので一回誤ってダウンロードしても捕まる可能性はあると断言できます。

 

正規版が有料で提供されている著作物に係る侵害コンテンツを反復・継続してダウンロードした場合には、刑事罰(2年以下の懲役または200万円以下の罰金(またはその両方))の対象

 

 

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

↑実際に逮捕された案件・エミュレータ利用で違法になる行為まとめ

 

 

「自分は見つからないだろう」という甘い考えは身を滅ぼす可能性も・・・・

 

 

【ウイルス感染・ハッキングのリスク】

 

 

起こりうるトラブル
  • 情報流出
  • パソコン起動が遅くなる 
  • カメラ映像をハッキング
  • クレジットカードの不正利用

などのトラブルが起きる可能性があるので、対策を行ったほうがいいかもしれません・・・

 

セキュリティソフトを導入することはウイルス対策の基本です。

導入して損は有りませんがあくまで「ファイルに同梱したウィルス対策」のみの対応になるので、丸見えのIPアドレスを利用した【ハッキング・個人情報の乗っ取り】などは防ぐことができません。

 

↑エミュを利用する上でのウィルスの危険まとめ

 

上記のリスクは普段使用しているネット通信に匿名性が無いことが原因です!!!

 

 

改造のリスクは【IPアドレス】が原因

 

上記で解説したリスクは両方とも【IPアドレス】が原因です。

 

◆疑問くん◆
ならパソコンやゲーム機の設定でIPアドレスを隠せばいいじゃん!?

 

であれば簡単なんですが残念ながらパソコン/ゲーム機ともに隠すことはできません。

自分は1年半前に間抜けですが何の対策もしておらず 海外サイトを通じてセキュリティハックされ被害に遭いました。

 

当時の被害

  • クレジットカード番号流出
  • パソコンがウィルスに侵され壊される
  • トラブルによる精神的な疲労
  • 登録サイトの情報の変更手続き
  • パソコンに保存していたデータ損失

 

クレジットカードは停止してもらい再発行で事なきを得たんですが、パソコンは復旧できず数万円したゲーミングパソコンが見事に物言わぬ置物と化しその他のトラブルも相まって精神的なダメージがあり正直参りました笑

 

解決策はIPアドレスを隠すVPN利用が最適

 

ただ海外サイトはかなり便利なので利用はしたい。

でもまた被害にはあいたくないのでより強固なセキュリティ対策はないのか調べたところ【VPN】というネットワークサービスが最適なんじゃないかとたどり着きました。

 

VPNはハックのそもそもの原因だったIPアドレス自体を変更してくれるので
ハッカーも攻撃しようにも攻撃場所の住所がないので何もできなくなるらしい。

 

正直本当に効果があるのか半信半疑でしたが、思い切ってサービスを登録してから 1年半まったくウィルス・ハック被害に遭ってません。

 

もちろん月額料金は発生しますが

VPN利用時のメリット
  • パソコンが壊れるリスクがなくなる
  • 個人情報の流出阻止の強化
  • ネットフリックスなどで海外限定の動画視聴
  • 海外のゲームを格安で購入できる
  • 通信が高速化する

などVPNを利用すれば保険+利点が多数ありますし、万が一 海外サイトから著作権で保護された素材を誤ってダウンロードしてしまった場合やチート適用したまま起動でも、そのデータを遡ることができないため、訴訟や多額の罰金を回避することができます。

 

 

もちろん違法行為を容認しているわけではありませんが【エミュを安心して利用できる】用になったので利用して良かったと思います!!

 

 

 

海外サイト/ダウンロードにはVPNを利用!



やはり海外サイトなどはセキュリティの面で不安があります。

VPNサービスを使用して個人情報の流出を防ぐことは正直必須ですよね。

個人的に色々なVPNを試したんですがNordVPN一番!!

 

NordVPNが他のVPNと違うメリットを簡単にまとめたものがこちら!

 

NORDVPNの利点
  • スマホ・タブレット・パソコンのセキュリティ対策に!!
  • Torrent特化のサービスがある
  • ログ・履歴が保持されない
  • セキュリティが強固
  • 料金が安い・返金制度

 

スマホ・タブレット・パソコンのセキュリティ対策に

 

 

ネットワーク接続のセキュリティ対策になるNordVPN

実はパソコンだけではなく【スマホやタブレット】にも対応しております。

最近ではフリーWifiを利用したスマホのハッキングも増えておりウィルスソフトでは防止することできないハッキングリスクもパソコンでのセキュリティ対策ついでに対策することが出来ます。もちろん追加料金等は不要!!

 

おまけでスマホセキュリティソフトが付いてくるようなものですね!!

 

 

履歴・ログが一切残らない

 

利用したサーバーに【ログ・履歴が保持されない】ことが明言されているのもポイント。

通常のVPNはサーバー利用の履歴などが保存されるのでもし本体サーバーにハッキングされたら個人情報が流出する危険性があります。

ただNordVPNはユーザーの履歴などを保存する法律のないパナマで運営されているので万が一ハックされたとしてもそもそもの情報がないので警察や政府・ハッカーに個人履歴が渡ることがないです。

 

NordVPNは運営歴8年とVPN会社としては老舗ですがこれといった問題はおこしていないので安心して利用できるのは魅力。

 

 

 

VPNが低価格で楽しめる!!

 

また月額に掛かる料金は高品質であるにも関わらず低価格なのも嬉しいところ。

有名VPNのExpressVPNは最安で$8.32(約900円)なのに比べ、NordVPNは1TBのクラウドストレージとパスワード管理アプリまでついて約610円と半値近く違うので毎月のコストが掛かりません

 

【有名VPNの比較】

1ヶ月プラン 6ヶ月プラン 1年プラン 2年プラン
ExpressVPN 月額1800円 月額1300円 月額900円
NordVPN 月額1370円 月額800円 月額610円

 

更に【契約期間30日なら100%保証の制度】付きなので気に入らなかったり、自分の環境ではうまく動作しないなどどのような理由でも返金保証が適応されるので登録のハードルが低いのも個人的にはありがたかったです。

≫実質無料でNordVPNを体験したい方はこちら。

 

NORDVPNのレビューはこちらから!!

↑実際に使用して感じたメリット・デメリットまとめ

 

 

 

VPNの設定手順

 

torrent利用時にVPNを使っていないのは危険地帯を裸で走り回るような自殺行為なので導入していない方は下記の手順で導入しましょう。

 

お得に購入できるポイント

基本的に長期契約のほうが、一か月あたりの利用金は安くなります!

通常は1か月プラン(月額約1620円)ですが、2年プランを選択することで63%オフ(月額約690円)で利用できることが可能。

NordVPNでは、30日以内なら返金保証があるので、使うか使わないか分からない場合もとりあえず最初から長期契約を利用した方がおすすめ。

 

【設定の手順】

  1. NordVPNのトップページのリンクをクリックして公式サイトに飛びます
  2. トップページ内の右上にあります【NORD VPNを購入】のボタンをクリックします。
  3. 購入プランの選択画面に飛びますので、自分の購入したい年数を選択
  4. 選択完了しましたら下にスクロールを行い【支払いへ】ボタンを選択
  5. 上にメールを記入する項目があるのでメールアドレスを入力
    次はアカウント情報を作成します。
  6. 後ほどアドレス宛にメールが届くので使えるものを設定しましょう。
  7. 支払い方法を【クレジットカード/AMAZON PAY/仮想通貨/Alipay/Union Pay】から選択
  8. 付加価値税という項目があるので、自分のお住みの国を選択。(※日本は0ドルなので特に追加料金はかかりません
  9. クレジットカードの項目が出ますので記入していきましょう。CVVには、クレジットカード裏面に記載されている3文字のセキュリティコードを入力しましょう。
  10. 入力しましたら支払い方法を選択したら、[続ける]をタップ
  11. 支払いが完了するとこの画面に飛びます
  12. 登録したアドレスに下記のようなメールが届きますので開きます
  13. [Set Password and Activate Account]のボタンをクリック!
  14. 会員登録が完了しましたら公式ホームページに戻り、マイページに移動
  15. 使用したいOSに適したファイルをダウンロードし、インストールする
  16. インストール完了しましたら次のようなログイン画面に飛びます
  17. ユーザーネーム(Email)パスワードを入力して“Sign in” をクリック。
  18. あとは好きなサーバーを選んでクリックすれば自動的に接続可能です

 

 

セキュリティに不安な方はお得なセール中のNordVPNを利用してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

ステップ4:PCエンジン(ROM)をMagicEngineに追加して起動

 

上記で起動までの下準備は完了ですので、さっそく起動しましょう!!

 

【設定の手順】

  1. MagicEngineを初めて開くと、次のウィンドウが表示されます。
  2. このウィンドウにはあまり意味がありません。
  3. [起動時に常にこのセットアップウィンドウを表示する]からチェックを外して、 [ OK ]をクリックします。ここでMagicEngineをフルスクリーンに設定するかどうかは関係ありません。
  4. これは、いつでもAlt + Enterを押して、フルスクリーンモードとウィンドウモードを切り替えることができるためです。
  5. Load Romをクリックするか、LoadRomのEnterキーを押します。
  6. ROMをMagicEngineと同じフォルダーに配置した場合、最初に表示されるのはROMです。
  7. それ以外の場合は、「。」をクリックします。
  8. および「..」を使用して、コンピュータをROMのある場所に移動します
  9. ゲームをクリックするかEnterキーを押すだけで、ゲームを開くことができます。

 

 

 

上記でMagicEngineの簡単な導入は完了です!!

より便利にエミュを楽しみたいなら下記の設定をおこないましょう。

 

 

 

PCエンジンエミュレーター『MagicEngine』各種設定

 

ではMagicEngineの細かい設定方法・機能を解説していきます。

 

【MagicEngine設定画面の開き方】

  1. 解凍したファイル内のMagicEngineexeを起動
  2. タブメニュー内[設定]を選択します。
  3. 設定画面の上タブを切り替えて設定を行っていきましょう。

 

 

MagicEngine Controls/コントローラーの設定

 

 

MagicEngineではコントローラーを設定できますので行いましょう。

 

 

【キーボード設定の手順】

  1. マウスまたはキーボードの矢印を使用して、 [構成] >[キーボード]に移動します。
  2. キーボード設定画面が表示されます。青色で強調表示されているキーはゲームキーであり、赤色で強調表示されているキーはエミュレーター機能です。
  3. これらのキーの上にマウスを置くと、それらが割り当てられているものが表示されます。ゲームキーにカーソルを合わせると、コントローラーのボタンが丸で囲まれ、実際のコントローラーのどのキーであるかが通知されます。
  4. これらのキーのいずれかを再割り当てするには、キーをクリックして、ポップアップする小さなメニューから目的のキーを選択するだけです。
  5. 誤って間違ったキーをクリックした場合は、Escキーを押して小さなメニューを終了します。

 

 

 

 

【キーボード設定の手順】

  1. MagicEngineを開く前に、ゲームパッドを接続しておく必要があります。MagicEngineが開いている場合は、ゲームパッドを接続し、MagicEngineを閉じてから再度開きます。
  2. マウスまたはキーボードの矢印を使用して、 [構成] >[ゲームパッド]に移動します。
  3. ゲームパッドの設定画面が表示されます。
  4. どのキーがどのキーに割り当てられているかを示すラベルが付いたゲームパッドの写真が表示されます。強調表示されたキーの上にマウスを置くと、それらが割り当てられているものが表示されます。ラベルにカーソルを合わせると、左上のコントローラーのボタンが丸で囲まれ、実際のコントローラーのどのキーであるかが通知されます。
  5. これらのボタンのいずれかを再割り当てするには、ボタンをクリックして、ポップアップする小さなメニューから目的のボタンを選択します。
  6. 誤って間違ったボタンを押した場合は、Escキーを押して小さなメニューを終了します。
  7. 「メインメニュー」や「スクリーンショット」などのエミュレーター機能を、予備のゲームパッドボタンに割り当てることができることに注意してください。あなたが望むものなら、なんでも。この機能は非常に便利です。

 

 

MagicEngine グラフィックの設定

 

 

フルスクリーン/ウィンドウモード

 

Alt + Enterを押して、フルスクリーンモードとウィンドウモードを切り替えます。

これですべてです。フルスクリーンに入ると、ゲームの画面がフルスクリーンサイズに完全に拡大していないことに気付く場合があります。これは簡単な修正です。

[構成] >[ビデオ]に移動し、ズームを増やします。

 

スクリーンフィルター

ビデオ構成

 

スクリーンフィルターはグラフィックスを強化して、本物よりも見栄えを良くします。この機能にアクセスするには、 [構成] >[ビデオ]に移動します。右側の窓に到着します。

焦点のある領域を黄色で強調表示しました。スクリーンフィルターには3つの機能があります。

 

 

 

 

MagicEngine ステートセーブ・ステートロード

 

状態の保存は、ゲーム内の正確な場所を保存する機能です。この機能は、メインメニューに移動するか、キーボードショートカットを使用して手動で使用できます。

 

 

【状態をキャプチャ】

MagicEngineのキーボードショートカットは、4つのクイックセーブスロットを提供します。F1F2F3、またはF4を押すと、これら4つのスロットのいずれかに状態を保存できます。

メインメニューの[状態の保存]に移動すると、これらの4つのスロットと4つの追加スロット(合計8つの保存スロット)にアクセスできます。メニューには、サムネイルのスナップショットが付いた各保存も付属しています。

 

【状態の読み込み】

以前に保存した状態をロードするには、現在保存しているスロットに応じてF5F6F7、またはF8を押します。たとえば、最初のスロットに保存した場合は、F5を押してロードします。

さらに、メインメニューの[ロード状態]に移動すると、8つの保存スロットすべてと便利なサムネイルスナップショットにアクセスできます。

 

スクリーンショットのキャプチャ

スクリーンショットをキャプチャするには、Backspaceキーを押します。MagicEngineは、スクリーンショットをPNG画像として「スクリーンショット」フォルダにダンプします。

 

 

 

 

 

 

MagicEngineを実機並み・以上に楽しめるアイテム

 

 

そのままでも十分楽しめるMagicEngineですが、周辺機器を揃えることでより快適に遊ぶことが出来ます。

 

 

コントローラー・ゲームパッド

 

基本的にUSB・ワイヤレスどちらも対応しております。

 

↑スイッチのプロコンもパソコンに接続可能。

 

純正品に特にこだわりがない方は似たような互換品で代用しましょう。

自分はサードパーティ品を使用していますが 特に問題なく動作しているので推奨します!!

 

↑サードパーティーでもワイヤレスコントローラーがございます

 

 

↑USB接続でもよければいちばん安価でゲームパッドが手に入ります。

 

コードが絡まったりなどの煩わしさが苦手なのでワイヤレスコントローラーを使用!!

 


↑お持ちのセガコントローラーを使用したい方は変換アダプタ利用!!

 

もし【お持ちのレトロコントローラー】で実機と同じ操作感を得たいなら上記の変換アダプタを使えばほぼ同等のプレイを楽しむことができます!!

 

 

 

モニター

 

↑10000円台でHD画質を楽しめるゲーミングモニター

 

実機よりもきれいな画質で楽しみたいなら最低限HD画質(1920*1080)のモニターを用意。

ゲーミングモニターだと反応速度や発色もいいので、ゲーム画面が映えます

 

 

超高画質を求めるなら【4Kモニター】も購入するのもあり。

個人的には先程紹介した10000円のモニターで十分な気がするが、他のエミュでも4Kを楽しみたいなら選択肢の一つになるでしょう!!

 

 

ヘッドホン

 

↑超人気ゲーミングパソコンメーカーのヘッドホン

 

 

オーディオ機器を使用すれば当時よりも鮮明にゲーム音楽を楽しむことができます。個人的には【ノイズキャンセリング付きかつコンパクトデザインのALIENWARE 7.1 ゲーミングヘッドセット】を勧めます。耳が疲れにくく、ゲーム音声に特化したヘッドホンなので重宝してます。

 

 

↑こちらもゲーム製品を手掛けるメーカ製のイヤホン

 

イヤホンのほうが好みの方は4000円台のRazerイヤホンがいいですね!

基本的にゲーミング製品を主に販売しているメーカ製のほうが同じ価格帯と比べて品質は高いです。

 

 

 

まとめ

 

今回はエミュレーター『MagicEngine』導入・設定!ダウンロードできる場所の紹介でした。

割と簡単に設定可能ですのでご参考に!!

 

 

エミュレーターにはさまざまなゲーム機エミュがございます!

ファミコンから最新機種のswitchなどが開発されていますので
下記の記事を参考に好みのゲーム機エミュを導入してみましょう!!

↑こちらからゲームエミュの設定・使い方の一覧をまとめています

 

また先程ご紹介したNordVPNでは現在期間限定で2年プランが68%オフ

さらに無料プランが当たるチャンスも実施されているそうです。期間限定で1ヶ月・1年・2年プランが無料で追加の可能性も・・・!

3ステップで簡単に設定可能なのでセキュリティに不安な方はお得な今のうちにVPNのお試しを利用してみてはいかがでしょうか?