2019年版 パソコン PS2エミュレーター『PCSX2』導入・設定方 Windows/MAC/Linux必要スペックは?

 

 

プレステ2には名作が豊富です。

PS2時代のゲームが最近続々にHD化しさらに売上を伸ばすなど今でも楽しめる作品は
多いですが自分が持っている作品をグラフィックのためにわざわざ買い直すのは
流石に勿体無いですよね・・・・笑

ならパソコンで実機よりも快適に美しい映像を楽しめるエミュレーターを活用しましょう!

今回紹介するエミュはプレステ2エミュレーター『PCSX2』
PCSX2設定・導入から必要スペックなどのご紹介を行います。

 

 

PlayStation2 エミュレーター『PCSX2』とは?

プレステ2エミュは複数開発されていますが
実質的にプレイ可能な『PCSX2』の一つのみになっています。

・再現性の高さ
PS2のほかのエミュでは動作するソフトが数十本のみなど
実用には程遠いレベルですが、PCSX2はPS2エミュレータの中では
格段に互換性と再現性が高く、動作しないソフトのほうが少ないほどです。
800以上のゲームが動作することが確認されています
自分の持っているソフト数十本試してみましたが動作しなかったことは
ありませんでした。

 

・公式で日本語化対応
エミュレーターでは日本語に対応しているソフトが少なく
有志の方が作成したエミュ日本語化を利用しなくてはなりませんでしたが
PCSX2は公式で日本語に対応しています。
エミュの設定は細かく設定しようと思うと難しいですから
日本語対応はありがたいですね。

・ネット対戦には対応していないが・・・
残念ながらネット対戦には対応していない。
しかし外部ソフトなどをしようすることで擬似的に
しようすることでできるそうだ。
一応海外でのサイトで紹介されていたやり方があるので紹介!

 

 

 

PlayStation2 エミュレーター『PCSX2』必要スペックは?

レトロゲームと違いPS2は3Dゲームが進化していますから
それなりのパソコンスペックが必要になります。
公式等の必要スペックがこちら!

・最低限必要なスペック
●CPU:Core2Duo 2.0GHz以上 / Athlon64 X2 2.6Ghz以上
●メモリ:1GB以上
●グラフィックボード:Geforce7900GT以上 / RADEON X1900GT以上
●OS:WindowsXP以降 / Linux

・公式推奨スペック
●CPU:Intel Core2Duo 3.2GHz以上 OR i3/i5/i7 2.8GHz以上 OR AMD PhenoII3.2GHz以上
●メモリ:2GB以上
●グラフィックボード:Geforce8800以上
●OS:Windows7以降 / Linux

最低限必要なスペックに関しては起動がなんとかできるレベル。
3Dゲームはもちろん快適に動かず処理負担が低い2DゲームならOK。
公式推奨はグラフィックを全く上げず実機と同じのグラでいいならそれなりに動く。
ただ此のスペックではパソコンでする意味がない。

・個人的推奨スペック
■CPU:第4世代Core i3 3.6Ghz以上
■メモリ:DDR4 4GB以上
■グラフィックボード:GTX750Ti 以上
■OS:Windows7以降

これだけあれば大体のソフトを高画質で楽しむことができる。
グラフィックボードは数千円で結構。
PS2エミュはCPUのほうが大事なのでそちらを充実させてほうがいい。

 

自分のパソコンのスペックを調べたい方は??↓

 


↑いまならばコスパ的にもほかのゲームに対応できるGTX1050
ノートパソコンでの使用を考えている方は↓の記事で確認!

 

 

 

 

PlayStation2 エミュレーター『PCSX2』ダウンロード

pcsx2には公式版とSVN版があり、基本的には公式版で十分です。

ソフトによっては公式版で不具合が出る可能性があるのでその場合は
SVN版を使用するのもあり、今回は公式版pcsx2を紹介。

1:公式サイト『pcsx2』に飛び、Windows/MAC/Linuxロゴがあるので該当のOSを選択。
2:飛んだ先にあるPCSX2 1.4.0 Standalone Installer – 1.4.0の左にあるダウンロードクリック

 

3:PCSX2 1.4.0をダブルクリック、セットアップが出ますのでNEXTを押しインストール

 

 

 

 

■PCSX2 初期設定方

pcsx2EXEを起動前にまずBiosを設定します。

・本体フォルダに新規フォルダーを製作し、名前を「bios」フォルダに変更。

このなかにPS2のbiosを移動させておきましょう。
biosは実機から吸い取る方法がありますのでそちらを利用するように!

 

↑こちらで吸出し方について紹介しています

「PS2 BIOS」をダウンロードする方法もありますが・・・ダウンロードしちゃだめですよ笑

 

・PCSX2EXEを起動し初回起動設定を行います。

 

 

・言語選択はベースが日本語なので次へを選択。
・次にグラフィックやコントローラーの設定がありますが後で細かく設定するのでスルー次へ
・Bios Romを選択と出るので先程作成したフォルダーを選択し
該当のBiosを選択し設定完了。
・コントローラー設定はコントローラーを接続して、キーを割り当てるだけ


↑PS4のコントローラーはパソコンにも接続できるのでおすすめ

 

 

 

PS2 ROM・ISOを吸出しする設定

 

フリーソフトなどでDVDをPC上にDISCイメージに吸い出すソフトが必要です。

PS2やPS1などのソフトは吸い出しのやり方が非常に簡単です。

ディスクを吸い出すにはパソコンでDVDを読み込めるドライブを内蔵するか
外付けドライブをUSBで差し込んで読み込めば可能です。

↑こちらで吸出しソフトの紹介していますので参考に!

 

PS2 ROM・ISOの違法ダウンロードも・・・

 

実は吸出しを行わなくてもネット上には

有名タイトルやマイナータイトルのROMデータが転がっています。

最近はネットの回線速度も上がって大容量のファイルもすぐ

ダウンロードできるようになっていますが!!

 

違法ダウンロードはやめましょう!!

 

 

PS2はアンドロイドのエミュレータも・・・

 

実は以前よりすでにスマホ用PS2エミュは存在していたのですが、
動作は不安定・動作スピードは遅く起動も怪しいと正直
エミュレータとしてまともに動いてはいませんでした。

最近はスマホ・アンドロイド用PS2エミュレータ「DamonPS2」

が開発されスマホのすぺっくが高ければ普通に動作します

 

PCSX2でチート設定

PCSX2でチートを行い方は↓のリンクから!!

お金マックスや経験値稼ぎなど便利な機能が使えます!

 

 

 

PCSX2でチート設定

PCSX2は実機ではなくあくまでえみゅれーたーなので

実機に比べてえらーやCTDなどのトラブルは多いです。

再起動すれば治る場合が大半ですがエミュの設定やパソコンの設定

変更が必要な場合ももちろんございます!!

 

↑こちらを参考にエラーを改善してみてください!

 

まとめ