2019年版 パソコン ドリームキャストエミュレーター『nullDC』導入・設定!ダウンロードできる場所は??

 

任天堂と競い合っていたゲームハード会社SEGA
そんなSEGAの最後のハード機となるのが【ドリームキャスト】

インターネット通信を実装した画期的な機械で
オンラインの対戦やMMOなどもプレイできることから
時代を先読みしたゲーム機であることが伺える

そんなドリームキャストをパソコンで実機よりも快適に美しい映像を楽しめるエミュレーターを活用しましょう!

今回紹介するエミュはドリームキャストエミュレーター『nullDC』
nullDCF設定・導入から必要スペックをご紹介致します!!

 

 

ドリームキャストエミュレーター『nullDC』とは?

 

実はドリームキャストエミュは複数開発されていますが、個人的にnullDCを推す理由は以下の通り

 

再現性の高さ

ドリームキャストサターンのほかのエミュに比べて動作する
ソフトの数が段違いで実機の再現性が高いのが特徴!

Biosという実機を動かす上で必要なプログラムが必要にはなりますが
その分安定製や操作の快適さは他のエミュに比べて上位になっています。

 

プラグイン方式

プラグイン方式というカスタム要素の高いエミュレーターに
なりますのでご自身の環境に合わせて構築していくことができます。

ゲームによってはサウンドがとぎれとぎれや
グラフィックの表示がおかしいなどの症状も
プラグインを変更することで改善されますので便利。

 

日本語化可能

こちらは外国開発のエミュになりますので日本語はありませんが
ありがたいことに有志の方が作成した日本語化がございます。

エミュは細かい設定をシたい場合単語の意味がわからなくては
なかなか思うようにカスタマイズすることができません。

 

↑こちらで日本語化を解説しております

そんなときに日本語化できるのはかなりのアドバンテージです。

 

 

ドリームキャストエミュレーター『nullDC』必要スペックは?

 

公式等の必要スペックがこちら!

・最低限必要なスペック
●CPU:FPU MMX SSE SSE2 TSC搭載のCPU
●メモリ:256MB以上
●グラフィックボード:DirectX9.0cに対応
●OS:WindowsXP以降 / Linux

・推奨スペック

OS: Windows 2000/2003/XP/vista
CPU: COREI3 
RAM: 2GB以上
グラフィックボード: DirectX9.0cに対応

最低限必要なスペックに関しては起動がなんとかできるレベル。
3Dゲームはもちろん快適に動かず処理負担が低い2DゲームならOK。

ただ高解像度で快適に楽しみたいならもっと上のスペックが必須になります。

 

・個人的推奨スペック
■CPU:第1世代Core i7 3.6Ghz以上
■メモリ:DDR4 4GB以上
■グラフィックボード:GTX750以上
■OS:Windows7以降

いまのゲーミングパソコンであれば余裕で動きます。
一昔の前のグラフィックボード内臓の型落ちパソコンでも十分に
動作はしますがいま買うなら他のPS4などのゲームもある程度
動くゲーミングパソコンがおすすめになります。
他のゲームをすることを考えているならGTX1050がおすすすめ

 

自分のパソコンのスペックを調べたい方は??↓

 


↑いまならばコスパ的にもほかのゲームに対応できるGTX1050

 


 

ドリームキャストエミュレーター『nullDC』

 

nullDCのダウンロード

 

①:公式サイトから【nullDC_104_r136.7z】をダウンロード

②ダウンロードしたファイルを解凍

 

Biosの設定

 

Biosを設定しなくては動作しませんので設定しましょう。

 

↑Biosの吸出しのやりかたはこちら!!

 

①先程解凍したファイル内にありますdata フォルダにド
ドリームキャストのBIOS-ROM (dc_boot.bin) とFLASH-ROM (dc_flash.bin) をコピー

②「nullDC_Win32_Release-NoTrace.exe」をダブルクリックして起動

 

③こちらのウィンドウが表示されます。

 

 

ドリームキャストROMデータの吸い出し

 

ドリームキャストのROMの吸出しはこちらで!!

 

 

 

ROMの起動

ROMを起動していきましょう!!

①[File] メニューから [Normal Boot] をクリック

②ウィンドウが表示されますので[…] ボタンをクリックしてファイルを選択して [OK]

 

③初回起動時のみ 日付・時刻を設定し、[決定] を選択

 

④ドリームキャストの起動画面が表示されれば起動完了です。

 

 

セーブ・ロードの設定

 

 

  • [Start] エミュレーションを開始
  • [Stop] エミュレーションを停止
  • [Reset] エミュレーションをリセット
  • [Normal Boot] DCイメージファイルを読み込み
  • [Open bin/elf] binまたはelfファイルを開く。
  • [Load bin/elf] binまたはelfファイルを読み込み
  • [Exit] nullDC (Dreamcast) を終了

 

コントローラーの設定

① Maple (Input/Saves) Pluginsで “PuruPuru input plugin” と “Puru-Puru Pak [XInput]” を選択します。

②[Options] メニューから [Maple] – [PortA] の順にポイント

③[Config Keys for Player1] をクリックします。 [Config Keys for Player1] をクリック

④”PuruPuru input plugin” の設定画面が表示されたらキーマッピング

 

 

 

↑純正はないがXBOXのコントローラーは使いやすい

 

 

 

 

 

オプション設定

 [NulDC Settings] の設定項目

  • [Fullscreen] 全画面表示
  • [Auto Hide Menu] メニューを自動的に隠す。
  • [Show] 設定の確認画面を表示
  • [Enable Dynarec] ※デフォルトでオン
  • [Enable CP pass] ※デフォルトでオン
  •  [Cable Type] VGA / TV を切り替えま
  •  [System Region] JAP / USA / EUR を切り替え
  •  [Broadcast Format] NTSC / PAL を切り替え

 

 その他の設定項目

  • [Select Plugin] プラグイン選択画面を表示
  • [PowerVR] ポイントすると、グラフィックメニューが表示
  • [GDRom] ポイントすると、GDRomメニューが表示
  • [Aica] ポイントすると、サウンドメニューが表示
  • [Maple] ポイントすると、コントロールメニューが表示
  • [ExtDevice] ポイントすると、ネットワークメニューが表示

 

↑グラフィックはこんなにも変わります

 

 

ROMはネットにも・・・

吸い出ししなくても実はネットにセガサターンのROMがあるなんてことも・・・

 

↑こちらのサイトから簡単に手に入れることができるがやめておこう!