2020年版 パソコン メガドライブ (MEGA DRIVE) エミュレーター『Kega Fusion』導入・設定!ダウンロードできる場所は??Window/MAC/Linux

 

任天堂と競い合っていたゲームハード会社SEGA
そんなSEGAのセガ・マークIII及びマスターシステムの後継機としてとなるのが【メガドライブ】

世界市場や北米市場では任天堂のSNESと互角の戦いを繰り広げ
16ビットを搭載し、人気作を排出したゲーム機だ。

そんなメガドライブをパソコンで実機よりも快適に美しい映像を楽しめるエミュレーターを活用しましょう!

今回紹介するエミュはメガドライブエミュレーター『Kega Fusion』
Kega Fusion設定・導入から必要スペックをご紹介致します!!

 

 

メガドライブエミュレーター『Kega Fusion』とは?

 

実はメガドライブエミュレーターは複数開発されていますが、個人的に『Kega Fusion』を推す理由は以下の通り

 

再現性の高さ

ドリームキャストサターンのほかのエミュに比べて動作する
ソフトの数が段違いで実機の再現性が高いのが特徴!

Biosという実機を動かす上で必要なプログラムが必要にはなりますが
その分安定製や操作の快適さは他のエミュに比べて上位になっています。

 

メガドライブ以外にも対応機器がある。

 

メガドライブ以外に、マスターシステム、メガCD、さらにゲームギアにも対応しています。

これ一つですべて対応しているのでわさわざ別エミュを
用意する必要もないのでかなり便利なエミュレーターです。

 

 

日本語化可能

こちらは外国開発のエミュになりますので日本語はありませんが
ありがたいことに有志の方が作成した日本語化がございます。

エミュは細かい設定をシたい場合単語の意味がわからなくては
なかなか思うようにカスタマイズすることができません。

 

 

そんなときに日本語化できるのはかなりのアドバンテージです。

 

 

メガドライブエミュレーター『Kega Fusion』必要スペックは?

 

 

・個人的推奨スペック
■CPU:第1世代Core i7 3.6Ghz以上
■メモリ:DDR4 4GB以上
■グラフィックボード:GTX750以上
■OS:Windows7以降

いまのゲーミングパソコンであれば余裕で動きます。
一昔の前のグラフィックボード内臓の型落ちパソコンでも十分に
動作はしますがいま買うなら他のPS4などのゲームもある程度
動くゲーミングパソコンがおすすめになります。
他のゲームをすることを考えているならGTX1050がおすすすめ

 

グラフィックボードに関しては下の記事で
スペック・消費電力・値段に対してのコスパなどを
まとめたGPU比較表を作成しましたのでご参考に!!

↑こちらからグラボ比較記事を参照ください

 

自分のパソコンのスペックを調べたい方は??↓

 affiliate-kousotu.com
メモリの種類・マザーボードの型番・グラボの型番を確認できるフリーソフト「CPU-Z...
https://affiliate-kousotu.com/archives/650

 


↑いまならばコスパ的にもほかのゲームに対応できるGTX1050

 

 

 

 


 

メガドライブエミュレーター『Kega Fusion』の導入

 

Kega Fusionのダウンロード

 

①:公式サイトに飛んで下にスクロールします。

 

②下にスクロールしましたら、下記のファイルがございます。

③お使いのOSに併せて、クリックしダウンロードしましょう。

  • KegaFusion 3.64 Windows
  •  Kega Fusion 3.63i MacOS
  •  Kega Fusion 3.63x Linux

 

 

④ダウンロードした(Fusion364ファイル)を解凍します。

 

⑤実行ファイル”Fusion.exe”をダブルクリックして、 KEGAを立ち上げる。

 

 

⑥左図のような、砂嵐が起動したら完了です。

 

 

 

 

Biosの設定

 

Biosを設定しなくても動作しますが、安定性や機能を
すべて使用したいなら設定しておきましょう。

  • SG-1000
  • SG-3000
  • マスターシステム
  • ゲームギア
  • メガドライブ
  • スーパー32X

 

こちらはBIOSなしでも起動します、BIOSが必須なのは(メガCD)になります。

 

 

 

↑Biosの吸出しのやりかたはこちら!!

 

①実行ファイル”Fusion.exe”をダブルクリックして、 KEGAを立ち上げる。

 

②「Options」→「Set Config」で「Fusion Configuration」を開きます。

 

 

③「Sega CD」のタブをクリックします

④各BIOSのパスを指定する場所が出てくるので、右のBrowseボタンでBIOSの場所を指定

 

 

 

⑤設定完了しましたら、OKを押し、適用させます。

 

 

 

 

 

メガドライブエミュの各種設定

 

ROMの起動

ROMを起動していきましょう!!

 

①オプション内にあります「CD Drive」をクリック

②使用可能なCD/DVD-ROMドライブが表示されますので選択

 

③[File] メニューから [Boot SegaCD] をクリック

 

上4つのLoadはファイルを直接読みいくタイプです。

CDROMに入れない場合は上を選択しましょう。

 

 

 

セーブ・ロードの設定

 

 

  • どこでもセーブ/ロード機能

保存セーブ:F5、もしくはメニュー「ファイル→ステート保存」
読み込みロード:F8、もしくはメニュー「ファイル→ステート読み込み」

 

  • 画面切り替え/スクリーンショット機能

Escキー / Altキー+Enterキー でフルスクリーンモード/ウィンドウモードの切替可能。

「グラフィック」項目の「スクリーンショット」からゲーム画面を撮る事が出来ます。

 

  • 早送り機能

「グラフィック」項目の「フレームスキップ」を開きます。
次に「自動」のチェックを外せばOKです。
0~8の速度調整が可能です

 

  • ターボ機能

プレイ中に、一時的にゲーム速度を上げる機能です。
「Back Space」キーを押してターボのON/OFFを切替える事が出来ます。

 

 

 

コントローラーの設定

 

 

 

①「Options」→「Set Config」で「コントローラー」を開きます。

②「ポート1~」項目と使用するコントロール端末の種類を「USE」欄から選びます。

③キーボードもしくはゲーム用コントローラーどちらかを選択します。

 

 

右側にある「Define」をクリック

「十字キーの上」から順番に、割り当てたいキーのボタンをクリック
すべてのボタン設定が終了したら「OK」をクリックして完了

 

【コントローラーを設定する場合】

 

①キーボードまたはゲームパッドを構成する最初の手順は、コントローラーの種類を決定することです。Genesisには、3ボタンコントローラーと6ボタンコントローラーの2種類のコントローラーがありました。彼らはこのように見えた:
Sega Genesis 3ボタンコントローラーと6ボタンコントローラー

 

②デフォルトでは、Kega融合は、3ボタンコントローラをエミュレートするように設定されています。ここに示すようにポート1の横にあるドロップダウン選択をクリックして、6ボタンコントローラーに変更できます。。

 

 

③ゲームパッドを設定する場合は、まずゲームパッドをコンピューターに接続します。Kega Fusionが開いている場合は、閉じてから再度開きます。Set Configウィンドウに戻ります。ポート1の「1.キーボード」をクリックして、ゲームパッドを選択します。

 

ポート1(プレーヤー1)のゲームパッドの選択

 

そのため、ゲームパッドがここにリストされていない場合、Windowsによって検出されていません。ゲームパッドを検出するためのトラブルシューティングが必要です。ゲームパッドが古すぎるか、製造元のWebサイトから新しいドライバーをダウンロードする必要があるかもしれません。

 

 

④ボタンを構成する時間。以下に示すように、ポート1の[ 定義 ]ボタンをクリックします。
ポート1の[定義]ボタンをクリックして、ボタンを構成します。

ケガフュージョンは、指示のプロンプトを表示し始めます。Set Configウィンドウの下部にこれらの指示が表示されます。
[定義]をクリックすると、Kega Fusionはどのボタンを押すかを指示するプロンプトを表示します
次のようになります。

 

⑤プロンプトに示されているボタンに関連付けるボタンのキーボードキーを押します。

ゲームパッドを構成する場合は、プロンプトでボタンに関連付けるゲームパッドボタンを押します。

それでおしまい!完了したら[ OK]をクリックします。

Player 2のボタンを構成するには、ポート2に対して同じプロセスを繰り返します。

 

 

 

 

 

↑純正はないがメガドライブ風のコントローラーは使いやすい

 

 

 

 

 

 

フルスクリーン設定

 

 

Kega Fusionをフルスクリーンにするには、

①[ ビデオ] > [ フルスクリーン]に移動します

②またはAlt + Enterを押します。

そして、全画面表示を終了するには、EscまたはAlt + Enterを押します

 

 

FPS表示を消す

 

デフォルトでは、Kega Fusionは左下に数字を表示します。

これらは1秒あたりのフレームです。

 

①[ オプション] > [ FPSを表示]に移動して、この視覚的な煩わしさを削除できます。

ここにいる間に、「SegaCD LEDの表示」をクリックする必要もあります

これは、セガのCDゲームをプレイするときに表示される迷惑なバーを隠します。

 

 

メガドライブ各種設定予備

 

スクリーンショットとAVI形式のプレイ動画を録画する設定・やり方

 

エミュレーターをプレイ時にブログやYouTubeなどに
動画を配信したい人も多いと思います。

最近ではレトロゲームもはやっていますからね!!

Kega Fusionではデフォルトでスクリーンショットと動画録画機能が付いています。

 

↑こちらで設定法を紹介しております

 

 

 

 

『Kega Fusion』ネットプレイ/オンラインマルチ対戦

 

はメガドライブエミュレーター『Kega Fusion』では
ネットプレイ/オンラインマルチ対戦を行うことができます。

通常であればできない通信プレイがエミュで再現できますので
是非設定してみて遊んでみましょう。

 

↑こちらで設定法を紹介しております

 

 

 

チート・裏技の設定

 

メガドライブエミュレーター『Kega Fusion』では
チート・裏技を使用できるGame Genieとプロアクションリプレイの使用/設定することができます。

 

↑こちらで設定法を紹介しております

 

 

 

メガドライブエミュ情報

 

 

メガドライブROMデータの吸い出し

 

ゲームをプレイするにはまずメガドライブのROMが必須です。

メガドライブのROMは吸い出しすることができますので
お持ちのソフトからROMデータの抽出を行いましょう。

 

↑ROMデータの吸出しのやりかたはこちら!!

 

ROMはネットにも・・・

吸い出ししなくても実はネットにメガドライブのROMがあるなんてことも・・・

 

↑こちらのサイトから簡単に手に入れることができるがやめておこう!

 

まとめ

 

今回はメガドライブエミュレーターの紹介でした。

かなり使いやすく安定したエミュになりますので是非導入してみてください。