2019年版PC版 Windows10/Mac/Linux対応スーファミ エミュレータ 『Snes9x』 使い方・ダウンロード・日本語化手順

 

 

 

いまでは携帯のアンドロイドでスーパーファミコンのエミュを
楽しむことができ便利な時代になりましたが、画面上のボタンでは
アクション性のある操作は困難で、Bluetootコントローラーで多少マシには
なりますが実機の慣れたコントローラーには及びません。

そんなときはパソコンに対応しているスーファミ型コントローラーを
エミュで使えば実機と変わらぬ使用感で楽しむことができます!!

そんなスーファミのエミュレーションは数あるのですがそのなかで
特におすすめのスーファミ エミュ『Snes9x』 使い方・ダウンロード
ついてご紹介します!

当初から日本語対応の『SNESGT』という手もあるんですが
日本語化の手間を考えても『Snes9x』をおすすめできる
理由がありますのでそれも合わせてご紹介します!

 

 

 

『Snes9x』とは??『SNESGT』ではない理由。

『Snes9x』は公式で日本語に対応しておらず
国産のスーファミエミュ『SNESGT』とは違い有志の方の『Snes9x』日本語
ファイルを適用しなければならない手間があります。

しかしそれでもなお『Snes9x』を押すのはまず

・圧倒的な再現力の高さ
互換性が高いことで有名になったスーパーファミコンのエミュレータの
名は伊達ではなく他のエミュに比べまるで実機を動かしているかのような
操作感を味わえる。

・『Snes9x』Windows10/Mac/Linux対応
再現性の高い『SNESGT』はWindowsのみ
だが『Snes9x』はWindows10/Mac/Linux対応のですので
仮にパソコンのOSを変えても継続して『Snes9x』を使っていける。

 

・『Snes9x』は録画・ネット対戦可能
そしてなんといってもネット対戦が実装されている点
スーファミのネット対戦は時代的についてはいなかったため
このエミュのみで楽しめる新要素となるだろう

 

『Snes9x』ダウンロード・インストール方

ではまずSnes9xをダウンロードしていこう。

1:まず公式サイト『Snes9x』に飛びます。
すると左上の部分のタブにダウンロードのボタンがありますのでクリック。

 

 

そうしますとダウンロード先のミラーサイト一覧が
赤枠に表示されていますのでお好きな場所をクリックします。

 

サイトに飛んだあと下にスクロールすれば
64bit 版または 32bit 版がありますので(1.5.5版が最新)
自身の使用OSに従って選択肢ダウンロードします。

 

2ダウンロードが完了しましたらsnes9x-1.55のファイルを解凍します。
解凍後のsnes9x-x64EXEを起動し終了します。

 

『Snes9x』日本語化の手順

このままでも楽しむことが出来ますがどうせなら日本語で
快適に遊びたいので日本語化を行ないましょう!!

1:「ねこかぶのホームページ」さんに飛びます。
(数々のエミュ日本語化データを配布しているありがたいサイトです。
最近更新されたSnes9x v1.55の日本語化パッチも当たり前の用に配布済み)

2;左のメニュータブ「日本語化パッチ」をクリック

3: SNES,をクリック

4;Snes9x v1.55のダウンロードをクリック

『Snes9x』日本語化パッチの適用

1:ダウンロードしました日本語ファイルを解凍します。

2:ダウンロードが完了しましたらs9x155x64jp・s9x155w32jpのどちらか
(自分のOSに適応したファイル)を『Snes9x』に移動させます。

 

 

 

3:「 s9x153x64jp.exe ( 32bit の場合は s9x153jp.exe )」を、クリック

4:日本語化完了しましたら『正常に完了しました』とでますのでOK
※完了しない場合OSの選択を間違えている可能性大

こちらで日本語化は完了です!!

 

 

『Snes9x』使い方・コントローラー・各種設定

 

●『Snes9x』ROMの起動方

1: 「ファイル」メニューをクリックタブ内の「ロムの読み込み」をクリック

 

2:ROM読み込みダイアログが表示されますので、起動したいROMを
ダブルクリックで起動されます。
よく遊ぶファイルROMは『最近開いたロムファイル』を開けばすぐアクセス可能。

 

●ステートセーブ・ロード

スーファミでは中断セーブがあるゲームは殆ど無いです。
ゲーム中いつでも好きなときにセーブを行える機能は活用スべし
「ファイル」メニューの「状態の保存」で0-9までのスロットが表示されるので
クリックを行えば途中経過がセーブされます。

ロードは「ファイル」メニューの「状態の復元」で0-9までのスロットが表示されるので
クリックを行えば途中経過がロード可能

 

●ターボモード(早送り機能)

スーファミのムービは長く・飛ばせない事が多く所見ならいいが
2回目のプレイでは正直暇そんなときは「 Tab 」キーを押すと早送りができる。
ムービーや相手ターンの早送りなどに使うと、便利。

エミュレーションタブのエミュレーション設定から早送りモードの
フレーム数を変更できる数字が大きければ多きいほど
最大速度があがる。

 

 

 

 

●コントローラーの設定


キーボードでもプレイは可能ですが動作ならUSBコントローラーで
遊んでみましょう!!上記のコントローラーはスーファミ風で
Android・Windows・Steamなど各種対応しているのでおすすめ!

1:「入力」メニューからの「入力の設定」を選択

2:割り当てたいボタンをマウスでクリックすると色が変わるので
その間にコントローラーの割り当てたいボタンをクリックします。

 

3:すべて終えたら「 OK 」ボタンをクリックする
※2Pのコントローラーの設定をしたい時は、「Joypad #2」を選択し設定。
3~5Pのコントローラーを認識させる場合は「入力」メニュー内にある
マルチタップをクリックしてください。

 

●チートコードを適用する方法

スーファミエミュではゲームを有利に進めることができる
チートコード機能が標準で装備されています。
お金MAXや装備品取得などチートをしようできるのでぜひ導入してみましょう

こちらでチートコードの設定について紹介↓

 

●オンラインマルチプレイ設定

実機では不可能なオンライン対戦ができるのが
Snes9の最大の利点と言ってもいいだろう!
以外に簡単にせつぞくできるので下の記事を参考に導入!

 

『Snes9x』まとめ

こちらで設定完了になります!

エミュレータならではの新機能を使って楽しいエミュレータ生活を送りましょう!