【2020年版】 PC版PS3エミュレーター「RPCS3」の導入・インストール・各種設定法のやり方!スペックやアップデート法など

 

 

実現が難しいといわれたPS3エミュレーター
本体スペックもさることながら独自規格SELLの存在が開発を困難にしていました。

しかし2年前ほどにPS3エミュレーター 『RPCS3』が発表されたことで状況がいっぺん!

当初は動作の快適さは困難でしたが今や最高速度でいくつかのゲームを
エミュレートするのに十分になってきたので、PS3エミュの簡単な設定ガイドを
書いていこうと思います!

ただまだ一割ほどのゲームしか再生できないので、
時間を無駄にしないようにエミュレートする前に、
公式の互換性リストを常にチェックすることをおすすめします!

 

 

 

PlayStation3 エミュレーター『RPCS3』とは?

 

プレステ3エミュは複数開発されていますが
実質的にプレイ可能な『RPCS3』の一つのみになっています。

 

再現性の高さ

 

PS3のほかのエミュでは動作するソフトが数十本のみなど実用には程遠いレベルですが、PCSX3はPS3エミュレータの中では格段に互換性と再現性が高く、動作しないソフトのほうが少ないほどです。

自分の持っているソフト数本試してみましたが動作しなかったことはありませんでした。

 

ネット対戦には対応していないが・・・

 

ネット対戦にも対応しております!!
海外でのサイトで紹介されていたやり方があるので紹介!

 

 

『RPCS3』ハードウェア・必要スペック

 

『RPCS3』を使用する上で大事なのはまずアプリ自体を快適に
動作させるためのマシンスペックです!

公式最低必要スペック

OS:Windows 7 64bit以上 または Linux 64bit (32ビットシステムは動作不可)
CPU:SSE3をサポートする最新のプロセッサ
メモリ:最低4GB以上、推奨8GB以上
GPU:OpenGL 4.3以上をサポートするプロセッサ

となっておりますがパソコンゲームの常識最低動作スペックは当てにならないの法則で個人的に推奨のスペックはこちら。

 

推奨スペック

OS:Windows 7 64bit以上 または Linux 64bit (32ビットシステムは動作不可)
CPU:・最低 Intel Core i3 8100 程度のCPU以上・推奨 Intel Core i7 4790 程度のCPU以上
メモリ:8GB以上
GPU:・最低 Geforce GTX 750 Ti 程度のGPU以上・推奨Geforce GTX1070以上のGPU以上

 

OSは32BIt以外ならWindows 7・8・10どれでも対応可能
CPUは最低でもミドルクラスのCPUは必須 ぬるぬる動かしたいなら
最新のCPUを揃えたいところです。

メモリは4GBでもいいかなと思いましたが『RPCS3』は負荷が重いため
8GBはやはり必須かなと思います。

 

GPUは最低でGeforce GTX 750 TiをあげましたがこれはPS3本体と
同じ位のグラフィック能力なので上げました。

ただグラフィックボードはエミュレーターをする上で大事な部品なので
GTX1070以上はほしいところ。GTX1060だと若干かくつくかもしれない。

 


↑極端に重いゲームをしないのであれば値段的にはコスパがいい

 

↑4K画質も楽しみたいならこちらのグラフィックボード

 

グラフィックボードに関しては下の記事で
スペック・消費電力・値段に対してのコスパなどを
まとめたGPU比較表を作成しましたのでご参考に!!

↑こちらからグラボ比較記事を参照ください

 

 

自分で自作せずに店頭で購入したり
自作PCをメルカリやヤフオクなどで購入した場合
グラフィックボードやメモリ・CPUなどの型番がわからない場合があります。

そんなときこちらのソフトを使用すれば
パソコン内で使用されているパーツの詳細を出してくれるので便利。

↑こちらからインストール手順と見方を紹介中!!

 


 

ゲーミングノートパソコン】でも物によっては動作します!

10万円を切ってなおかつ、SSD付き・メモリ16GBの上記のパソコンが適しています。

 

 

 

 

 

 

『RPCS3』ダウンロード・インストール方

 

準備するもの

 

・Visual C ++再頒布可能パッケージ(Visual Studio 2015用)
・RPCS3最新ビルド。
・PS3 Firmware ファームウェア(PS3UPDAT.PUP)

『RPCS3』を使用する際はこちらの三つが必要になります。
Visual C ++再頒布可能パッケージ(Visual Studio 2015用)がすでにインストール
されている場合は1を飛ばして2からはじめてください!

 

 

ダウンロード・インストールのやり方

 

①まずは前提ソフトのVisual C ++をダウンロードする。

Visual C ++再頒布可能パッケージ(Visual Studio 2015用)のリンクに飛びサイトの真ん中にあります

 

②ダウンロードボタンをクリックしてvc_redist.x64.exeを選択して再度ダウンロード完了したらインストールを行います。

 

③RPCS3 – PlayStation 3 Emulatorをまず公式サイトでダウンロードします。

 

④公式サイトに飛んだら真ん中にダウンロードボタンがあるのでクリック

 

⑤別ページに飛ぶので真ん中までスクロールします。

⑥Windowsの方は上・Linuxの方は下のダウンロードボタンを押しダウンロード

⑦ダウンロード完了しましたらファイルを解凍します。

 

⑧解凍ファイルにあるrpcs3.exeをクリックすることで起動!


起動を行うとポップアップがでますので二つともチェックを入れてコンティニューを行えば初期設定は終了です。

 

 

PS3 Firmware のインストール

 

①PS3?System Software Updateの公式サイトに飛びます。

 

②「DOWNLOAD NOW」をクリックし「PS3UPDAT.PUP」をダウンロード

③RPCS3の「File」→「Install Firmware」→「PS3UPDAT.PUPを選択」

④ポップアップをOKすることで導入されます。

 

こちらで「本体更新プログラム」と「LLE module」導入完了です。

 

 

 

 

RPCS3の各種設定法

 

RPCS3ゲームROM起動のやり方

 

①左上にあるCDのようなアイコンをクリックします

②ファイルの選択ウィンドウが表示されますので起動ゲームの「PS3_GAME」フォルダーを選択。

③初期設定時にも出できた多数ウィンドウが表示されますのでなにも押さず放置

 

↑完了しましたらこのような感じでゲームが起動されます。

 

いちいちファイルを選択するのが面倒な方は上記のようにトップでアイコンを表示されるよう設定しよう。

 

①ファイル→Add GAMESを選択します。

②ゲームフォルダーがあるフォルダを選択します。

 

PS3のROMゲームデータの吸出し法

 

PS3エミュのインストールは終わりましたが 肝心のゲームデータがなければ、起動ができません

ただネットからゲームデータを引っ張るわけにも行きませんし、
抽出も面倒な上にPS3の容量なら抽出には数時間以上掛かってしまいます。

一番簡単な方法は今自分が持っているゲームディスクから起動することですが
通常のブルーレイドライブでは起動できません!!

そこで「RPCS3」で使用できるブルーレイドライブを纏めましたので下記を参考にしてください!

 

 


↑こちらが値段的にもおすすめです

 

 

ゲームのアップデート・セーブデータ移行のやり方

ゲームデータを用意しても、実機ですでに進めてしまっている方は再度一からやり直すのはめんどくさいですよね。あとゲームによってはアップデート必須のタイトルもございます。

下記でセーブデータインポートとゲームのアップデート適用についてご紹介していますので参考にしてください。

↑こちらからアップデートの一覧をまとめています

 

 

CPUの設定のやり方

RPCS3ではCPUの各種設定が可能で、ゲームによっては
より高速化したり動作が軽くなったりなど改善する場合がございます。

各項目の効果などをまとめましたので参考に!!

 

↑こちらからCPUの各種設定のやり方を紹介

 

 

4K・8Kなどのグラフィック設定

 

エミュでは各種グラフィック設定を行うことで実機よりもはるかに美しいゲーム映像を体験できます。

4Kや8kはたまた10KなどPS4よりも詳細なグラフィックに変更できますので

下記記事を参考にグラフィック設定をおこなってみてください。

 

 

↑こちらからグラフィック設定のやり方を紹介しております。

 

 

サウンド・オーディオ設定

RPCS3ではサウンドの各種設定が可能で、ゲームによっては
音が遅延したり、途切れたりする問題を解決できる場合がございます。

各項目の効果などをまとめましたので参考に!!

 

↑こちらからオーディオの各種設定のやり方を紹介

 

コントローラー各種設定

 

①メニュー内にありますPADSを選択します。

②パッドの設定画面に飛びますのでコントローラーの種類を選択します。

 

  • キーボードのキーをコ使用している場合は「Keyboard」
  • PS4のコントローラーを使う場合は「DualSock 4」
  • Xboxコントローラー等のXInputに対応しているコントローラーなら「XInput」
  • MMJoystickに対応しているコントローラーなら「MMJoystick」

 

③設定したいボタンをクリックしたあとコントローラーの割り当てたいボタンを押します。

④すべて設定完了しましたら左下にありますSAVEを選択して完了

 

 

RPCS3エミュ本体のアップデート

 

RPCS3では自動更新機能はありませんので手動更新です。

いちいち新しく設定しなおすのめんどくさいので
最新版のRPCS3をごっそり旧型のRPCS3に上書き保存すれば更新できます。

ただエラーが起きる可能性もあるので心配な方は一から入れなおしましょう。

 

 

起動確認サイトを確認しよう

 

公式で起動確認サイトがありますので一度確認しておくことをお勧めします。
一部確認されていないソフトもございますが、参考になります。

確認PS3サイト

Playable :最初から最後まで正しくプレイできるゲーム 32.28%
Ingame :一部のみ完全には難しい 39.8%
Intro :メニュー画面まで 23.61%
Loadable :起動できるがまともに動作しないゲーム 3.6%
Nothing :起動しない、反応なしゲーム 0.7%
3割ほど完璧に動作するなら試してみる価値はありますね笑

 

 

RPCS3を実機並み・以上に楽しめるアイテム

 

コントローラー・ゲームパッド

 

基本的にUSB・ワイヤレスどちらも対応しております。

 

↑プレステ4の純正品・安さを重視するならサードパーティーでも問題なく使用可能。

 

純正品に特にこだわりがない方は似たような互換品で代用しましょう。

自分はサードパーティ品を使用していますが 特に問題なく動作しているので推奨します!!

 


↑サードパーティーでもワイヤレスコントローラーがございます

↑USB接続でもよければいちばん安価でゲームパッドが手に入ります。

 

コードが絡まったりなどの煩わしさが苦手なのでワイヤレスコントローラーを使用!!

 

 

↑お持ちのPS3コントローラーを使用したい方はこちら

 

やっぱり【 コントローラーも使い慣れたPS3コントローラーがいい】方は、端子をUSBに変換してくれるアダプターを利用しましょう。少々値段は張りますがパソコンだけではなく、PS3やPS4にも使用できるようになるのでおすすめ。

 

 

モニター

 

↑10000円台でHD画質を楽しめるゲーミングモニター

 

実機よりもきれいな画質で楽しみたいなら最低限HD画質(1920*1080)のモニターを用意。

ゲーミングモニターだと反応速度や発色もいいので、ゲーム画面が映えます

 

 

超高画質を求めるなら【4Kモニター】も購入するのもあり。

個人的には先程紹介した10000円のモニターで十分な気がするが、他のエミュでも4Kを楽しみたいなら選択肢の一つになるでしょう!!

 

 

ヘッドホン

 

↑超人気ゲーミングパソコンメーカーのヘッドホン

 

PS3にはイヤホンジャックがなかったため、ゲームの音を鮮明に聞くことが難しかった。ただ RPCS3ならパソコンのジャックを使用できるのでPS3ゲームサウンドをダイレクトに楽しむことが可能になる。

個人的には【ノイズキャンセリング付きかつコンパクトデザインのALIENWARE 7.1 ゲーミングヘッドセット】を勧めます。

耳が疲れにくく、ゲーム音声に特化したヘッドホンなので重宝してます。

 

 

↑こちらもゲーム製品を手掛けるメーカ製のイヤホン

 

イヤホンのほうが好みの方は4000円台のRazerイヤホンがいいですね!

基本的にゲーミング製品を主に販売しているメーカ製のほうが同じ価格帯と比べて品質は高いです。

 

 

 

 

RPCS3エミュ関連情報

 

RPCS3で重い・動作が遅い場合

 

PS3のエミュは要求スペックが高いので
ゲームの動作が重かったり、遅くなる場合がございます。

RPCS3の各種設定を行うと軽くなる場合があるので下記の記事を参考に設定してみてください!

↑RPCS3の軽量化・高速化の項目はこちらから

 

RPCS3でCTD・黒い画面・クラッシュが起きる場合

 

RPCS3はまだまだ開発途中なため、不具合が起きる可能性が高いです。

対応していないソフトの場合もありますが、ゲームの設定次第で回避することができます!

 

↑こちらからCTD・クラッシュの解決策を紹介しております。

 

 

RPCS3 オンラインマルチ対戦のやり方

 

RPCS3のオンライン機能に関しまして下記のリンクで紹介しておりますので
こちらを参照してください!!!

 

↑こちらからオンライン対戦を紹介しております。

 

 

PS3 ROM・ISOの違法ダウンロードも・・・

 

実は吸出しを行わなくてもネット上には有名タイトルやマイナータイトルのROMデータが転がっています。

最近はネットの回線速度も上がって大容量のファイルもすぐダウンロードできるようになっていますが!!

 

↑こちらのサイトから簡単に手に入れることができるがやめておこう!

 

違法ダウンロードはやめましょう!!

 

 

まとめ

 

いろいろととっつきずらさはありますがPS3がPCで動けばその喜びは苦労の甲斐があったというものです。

RPCS3は未だに開発が盛んに行われているのでさらに使いやすく、対応ソフトも増えていきますので今後も注目していきたいと思います。

 

 

 

またエミュレーターにはさまざまなゲーム機エミュがございます!

ファミコンから最新機種のswitchなどが開発されていますので
下記の記事を参考に好みのゲーム機エミュを導入してみましょう!!

↑こちらからゲームエミュの設定・使い方の一覧をまとめています

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です