PS3エミュレーター「RPCS3」内への実機セーブデータのインポートとゲームのアップデート設定方!

 

 

数々の名作を生み出したプレステ3をパソコンで楽しむことが
できるPS3エミュレーター「RPCS3」

作品によってはまだまだ動作不安定なものがありますが、
有名タイトルも快適に動作したりと一昔前に比べれば
実機よりも高画質でPS3をプレイすることができます。

パソコンで楽しむ際はすでに所持しているディスクを
使用したりしますが、実機である程度ゲームを進行してしまっている場合がございます。

一からやり直すのはめんどくさいですよね・・・・
あとゲームによってはアップデート必須でパッチを当てないと
進行が困難になるバグ・もしくは追加要素があるものもございます。

ということで今回はPS3エミュ「RPCS3」に実機PS3のゲームセーブデータのインポート方と
アップデートファイルの適用法についてご紹介します。

『RPCS3』のダウンロード・インストール・設定は
意外に簡単に行えてガイドを見れば簡単にできるのですが(まだ設定してない方は下記リンクを参考に!!)

 

 

プレイステーション3からセーブデータのインポート方法

「RPCS3」にセーブデータを移行するのは意外に簡単です。

まず標準のUSBフラッシュドライブを用意してください。セーブデータのみの移行なので容量はきにしなくていいです。

1.PS3本体にUSBメモリを接続する
2.ホーム画面のセーブデータ管理を選択する
3.コピーしたいセーブデータを選択し、△ボタンを押す
4.コピーを選択して、コピー先にUSB機器を選択する
5.コピーしたUSBを別のPS3に接続する
6.ホーム画面/セーブデータ管理/USB機器を選択する
7.コピーしてきたセーブデータを△ボタンのメニューからPS3本体にコピーする

こちらでセーブデータはUSB内に保存できます。
完了しましたら先程のUSBをパソコンに接続し、「RPCS3」に保存します。

Windowsユーザーの場合、保存データファイルは\ dev_hdd0 \ home \ 00000001 \ savedata \
Linuxユーザーの場合、セーブデータファイルは?/ .config / rpcs3 /
にございますので、こちらにセーブデータを置けばセーブデータのインポート完了です!!

 

インストールと更新

PlayStation 3タイトルのインストール

.pkgファイルは、ファイル>インストール.pkgの下にあるRPCS3のビルトインパッケージインストーラを使用して抽出する必要があります(または単に.pkgをメインのエミュレータウィンドウにドラッグアンドドロップします)

.pkgファイルは\ dev_hdd0 \ game \に自動的にインストールされます。

ブルーレイディスクのタイトルデータは、\ dev_hdd0 \ disc \または\ dev_hdd0 \ game \以外の場所に置くことができ、ゲームリストにない場合はファイル>ブートゲームから起動できます。

PSNのタイトルデータは、\ dev_hdd0 \ game \

PSN .rapファイルは、\ dev_hdd0 \ home \ 00000001 \ exdata \に置かれている必要があります(または単にメインのエミュレータウィンドウにドラッグ&ドロップしてください)

注:Linuxの場合、RPCS3フォルダは?/ .config / rpcs3 /

PlayStation 3タイトルのアップデートをインストールする

タイトルの更新は、PSN .pkgファイルと同じように処理されます。。pkg更新ファイルは、ファイル>インストール.pkgにある RPCS3のビルトインパッケージインストーラを使用してインストールする必要があります

。アップデートは、正しいリージョンIDに対応するタイトルフォルダに配置されます。タイトルの更新は、動作するには同じ地域でなければならないことに注意してください。タイトル領域をクロスミックスすると、タイトルに不可逆的なダメージを与えることがあります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です