2020年版 Windows 10の仮想マシンで動かすmacOSエミュレーター【VirtualBox】の導入・設定のやり方手順!Mac OS X・macOS Sierra対応!

 

 

最近ではWindows上の仮想環境にMacOSをインストールできることらしい。

今回は【2020年版 Windows 10の仮想マシンで動かすmacOSエミュレーター【VirtualBox】の導入・設定のやり方手順!Mac OS X・macOS Sierra】を紹介!!

 

↑macOSエミュ【VirtualBox・VMware Player】どちらがいいか?

 

 

 

『VirtualBox』ハードウェア・必要スペック

 

『VirtualBox』を使用する上で大事なのはまずアプリ自体を快適に
動作させるためのマシンスペックです!

 

推奨スペック
  • OS:Windows 7 64bit以上 または Linux 64bit (32ビットシステムは動作不可)
  • CPU:・推奨 Intel Core i7 4790 程度のCPU以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:・推奨Geforce GTX1050以上のGPU以上

 

  • OS:Windows 7 64bit以上 または Linux 64bit (32ビットシステムは動作不可)
  • CPU:・推奨 Intel Core i7 8700K 5.0GHz
  • メモリ:16GB DDR4 3200MHz
  • GPU:・ELSA GeForce GTX 1070

 

スペックはどれを選べばいい??

 

OSは32BIt以外ならWindows 7・8・10どれでも対応可能
CPUは最低でもミドルクラスのCPUは必須 ぬるぬる動かしたいなら最新のCPUを揃えたいところです。

メモリは基本8GBできれば16GBほしい所。
GPUはグラフィックボードはエミュレーターをする上で大事な部品なのでGTX1070以上はほしい

 

 


↑いまならばコスパ的にもほかのゲームに対応できるGTX1650

 

グラフィックボードに関しては下の記事で
スペック・消費電力・値段に対してのコスパなどを
まとめたGPU比較表を作成しましたのでご参考に!!

↑こちらからグラボ比較記事を参照ください

 

自分で自作せずに店頭で購入したり
自作PCをメルカリやヤフオクなどで購入した場合
グラフィックボードやメモリ・CPUなどの型番がわからない場合があります。

そんなときこちらのソフトを使用すれば
パソコン内で使用されているパーツの詳細を出してくれるので便利。

↑こちらからインストール手順と見方を紹介中!!

 

 



ゲーミングノートパソコン】でも物によっては動作します!

10万円を切ってなおかつ、SSD付き・メモリ8GBの上記のパソコンが適しています。

 

 

Mac OSエミュの注意点

Mac OSをMac以外のハードに【 インストールするのはライセンス違反となる可能性】も・・・
導入の注意点
  • 当たり前ですが、Macを持っていない人が不正にMac OSを入手することは違法です
  • Macを持っている人には、OSの複製は認められています。ただしバックアップのために限るというのがAppleのライセンス条項となっています
  • ゆえにMac以外にMac OSをインストールする行為はAppleのライセンス違反となる可能性が高いようです(現状はAppleにお目こぼしをしてもらってる状態)
  • 今回の記事は夢の中の出来事ですよ~
全て自己責任となり当サイトでは一切の責任を負いません

macOS仮想マシンエミュは、どのファイルが必要?

 

必要なツールをダウンロードしてインストールする必要があります。

このチュートリアルでは、【Oracle VirtualBox Manager (VirtualBox)】を使用してmacOS仮想マシンを作成する方法を詳しく説明しています。

 

USB

 

 

↑OS移動に必須なので導入してみましょう!

 

仮想マシンアプリ

 

 

macOSのコピー

 

 

macOSのコピーも必要です。Catalinaは最新のmacOSバージョンです。

かならずお持ちのMACOSからコピーを取りましょう。

 

※このチュートリアルでは、VirtualBoxを使用して、Intelハードウェア上で動作する仮想マシンにmacOS Catalinaをインストールする方法を紹介します。。残念ながら、AMDハードウェアにアクセスできないため、チュートリアルを提供できません。

 

 

VirtualBoxでmacOS Catalina仮想マシンを作成する方法

 

macOS仮想マシンを作成する前に、【VirtualBox Extension Pack】をインストールする必要があります。

USB 3.0サポート、マウスとキーボードのサポート、およびその他の便利なVirtualBoxパッチの修正が含まれています。

 

VirtualBoxのダウンロード

 

①ダウンロードWindows用 VirtualBox Extension Pack (無料)

②下にスクロールして、[ サポートされているすべてのプラットフォーム]を選択

③ダウンロードし、ダブルクリックしてインストールします。

 

macOS Catalina仮想マシンを作成

 

①VirtualBoxを開き新規を選択しmacOSと入力します。

②VirtualBoxは入力時にOSを検出し、デフォルトでMac OS Xになります。これはそのままにしておくことができます。

③仮想マシンの名前については、覚えやすく入力しやすいものにしてください。

④次に、macOS仮想マシンが使用できるRAMの容量を設定します。少なくとも4GBをお勧め!!

※システムで使用可能な量を超えるRAMを割り当てることはできません。

 

 

⑤[ 既存の仮想ハードディスクファイルを使用する ]を選択し、フォルダーアイコンを選択します

ダウンロードした仮想イメージであるハードディスクを割り当てる必要があります。

 

⑥VMDKファイルを参照し、[ 作成]を選択します

 

 

 

macOS Catalinaエミュの編集

 

まだmacOS Catalina仮想マシンを試して起動しないでください。

仮想マシンを起動する前に、設定をいくつか調整する必要があります。

 

①macOS仮想マシンを右クリックし、[ 設定]を選択します。

②[ システム]で、起動順序からフロッピーを削除します。チップセットICH9に設定されていることを確認します

 

 

 

③[ プロセッサ ]タブを選択します。2つのプロセッサを割り当てます。

余裕のあるCPU(複数のコアを追加したIntel Core i7またはi9など)がある場合は、さらに割り当てることを検討しましょう

 

④[ PAE / NXを有効にする]チェックボックスがオンになっていることを確認します。

 

 

⑤[ ディスプレイ]で、[ ビデオメモリ]を128MBに設定します。

 

 

⑥次に、[ Storage]で、[ Use Host I / O Cache]の横にあるボックスをオンにします。

⑦最後に、[ USB ]タブに移動して[ USB 3.0 ]を選択し、次に[ OK ]を押します。

 

 

 

 

コマンドプロンプトを使用してVirtualBoxにカスタムコードを追加

 

 

現在の構成では、VirtualBoxはmacOS VMDKでは動作しません。

起動して実行するには、macOS仮想マシンが機能する前に、【VirtualBoxに基本的にパッチを適用する必要】があります。

 

 

 

これを行うには、コマンドプロンプトを使用してコードを入力する必要があります。

 

①VirtualBoxを閉じたら、Windows画面左下のタスクバーに「cmd」と入力 コマンドプロンプト(管理者) ]を選択

 

②次のコマンドを使用して、Oracle VirtualBoxディレクトリを見つけます。

cd "C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\"

 

③次に、次のコマンドを1つずつ入力します。コマンドを調整して、仮想マシンの名前と一致させます。たとえば、私の仮想マシン名は「」macoscatです。

 

コマンドは次のとおりです。

VBoxManage.exe modifyvm "macoscat" --cpuidset 00000001 000106e5 00100800 0098e3fd bfebfbff

VBoxManage setextradata "macoscat" "VBoxInternal/Devices/efi/0/Config/DmiSystemProduct" "iMac11,3"

VBoxManage setextradata "macoscat" "VBoxInternal/Devices/efi/0/Config/DmiSystemVersion" "1.0"

VBoxManage setextradata "macoscat" "VBoxInternal/Devices/efi/0/Config/DmiBoardProduct" "Iloveapple"

VBoxManage setextradata "macoscat" "VBoxInternal/Devices/smc/0/Config/DeviceKey" "ourhardworkbythesewordsguardedpleasedontsteal(c)AppleComputerInc"

VBoxManage setextradata "macoscat" "VBoxInternal/Devices/smc/0/Config/GetKeyFromRealSMC" 1

 

④コマンドの完了後、エラーが発生していないと想定して、コマンドプロンプトを閉じます

 

 

macOS Mojave仮想マシンを起動する

 

 

①VirtualBoxを再度開きます。macOS仮想マシンをダブルクリックして起動。

②テキストの長いストリームが表示され、続いて灰色の画面が表示されます。

③灰色の画面が消えるまでに1、2秒かかることがありますが、慌てることはありません。

 

 

④macOS Catalinaのインストールが開始されます。解決すると、macOSの「ようこそ」画面が表示されます。

ここから、macOS Mojave仮想マシンを必要に応じて設定できます。

 

macOSのセットアップが完了したら、macOSのインストールに直接移動できるように、もう1つセットアップします。

ヘッドマシン>のスナップショットを取り、自分のスナップショットの名前を与え、プロセスにそれを待ちます。

 

 

 

実機並み・以上に楽しめるアイテム

 

マウス

 

↑Apple純正品を使えば実機並みの操作感に・・・

↑マウスパッドは金属製がおすすめ

モニター

 

↑10000円台でHD画質を楽しめるゲーミングモニター

 

できればモニターは複数用意しておくことをおすすめ。

作業効率も上がりますし、ゲーミングモニターなら反応速度や発色もいいので、見づらくなりません。

 

 

超高画質を求めるなら【4Kモニター】も購入するのもあり。

個人的には先程紹介した10000円のモニターで十分な気がするが、Kを楽しみたいなら選択肢の一つになるでしょう!!

 

 

macOSエミュレーター各種情報

 

随時更新予定・・・・

 

 

 

まとめ

 

今回は【2020年版 Windows 10の仮想マシンで動かすmacOSエミュレーター【VirtualBox】の導入・設定のやり方手順】の紹介でした!

Windowsパソコンでも使用できるので導入してみましょう!

 

↑Mac OS 8のエミュレーター【macintosh.js】の導入