2019年版Wii・ゲームキューブ用エミュレータDolphin (ドロフィン)PC版インストール・使い方!!

 

 

世界中で一番普及したWII独自な操作法ながら
ゲーマーだけではなくファミリー層も取り入れた
斬新なゲーム機は非常に愛されました!!

しかも前作機であるゲームキューブも
対応済みで1つで2機を楽しむことができるのが魅力的だ!

しかしながら発売当時でもWiiは現行機であったPS3などに比べ
画質が荒く、HDMIにも対応していないのでグラフィックの面ではなかなか厳しいのが正直な所・・・・・

そんな問題を解決してくれるのが『Wii・ゲームキューブ用エミュレータDolphin (ドロフィン)』

画質も劇的に改善してくれますし、Wiiのような特殊なコントローラーでも
設定次第ではモーションコントローラーが使用可能になります。

ということで今回はGC・WiiエミュDolphinの設定方を紹介します。

 

 

 

『Dolphin (ドロフィン)』ハードウェア・必要スペック

 

『Dolphin (ドロフィン)』を使用する上で大事なのはまずアプリ自体を快適に動作させるためのマシンスペックです!

公式で最低必要スペックが公開されています。それがこちら!

OS:Windows(64bit版) – Win7(SP1) / Win8.1 / Win10 (32ビットシステムは動作不可)
CPU:4コア以上の高クロックなCPU
メモリ:最低4GB以上、推奨8GB以上
GPU:Direct3D 11.1 / OpenGL 4.4をサポートするGPU
Intel HD Graphics 4000 以上(CPU内蔵GPU)

となっておりますがパソコンゲームの常識最低動作スペックは当てに
ならないの法則で個人的に推奨のスペックはこちら。

OS:Windows 7 64bit以上 または Linux 64bit (32ビットシステムは動作不可)
CPU:・最低 Intel Core i3 8100 程度のCPU以上
・推奨 Intel Core i7 3770K 程度のCPU以上
メモリ:8GB以上
GPU:・最低 Geforce GTX 750 Ti 程度のGPU以上
・推奨Geforce GTX1050Ti以上のGPU以上



 



OSは32BIt以外ならWindows 7・8・10どれでも対応可能
CPUは最低でもミドルクラスのCPUは必須 ぬるぬる動かしたいなら
最新のCPUを揃えたいところです。

メモリは4GBでも大丈夫ですがWiiの重い3Dグラフィックも遊びたいなら8GB

GPUは最低でGeforce GTX 750 Tiが値段的にも性能的にもおすすめ

ただ新品が少なく、中古が多いので気軽にGTX1050TIが補助電源コネクタなしでも増設できるのでおすすめだ。

 


↑極端に重いゲームをしないのであれば値段的にはコスパがいい

 

『Dolphin 』ダウンロード・インストール方

 

ではWii エミュのダウンロードを行っていきましょう。
まず公式サイト『Dolphin 』に飛びます。

 

公式ページに飛びましたら下にスクロールを行い、青色のタブ
今すぐドロフィンをダウンロードをクリック
飛びましたら安定版・開発版があります。

・安定版はバグが少なく、動作が安定
・開発版が動作が不安定な場合があるが新機能がある

安定版は2年前のものになりますので最新のが欲しいなら
開発版がおすすめです。お使いになっている
OS・ウィンドウズ、MAC、Linxusを選んでクリックしてダウンロードしましょう。

 

 

『Dolphin 』設定・使い方

ダウンロードが完了しましたらdolphin-master-5.0-10413-x64.7zの解凍を行います。


解答しましたらDolphinエミュのEXEファイルをクリックすれば、起動できます!

■ゲームの起動とゲームファイルフォルダーの選択

ゲームの起動は上のタブにある『開く』を選択すると
GC・WIIのゲームディスクを選択できるようになります。
起動したいROMをクリックすれば起動します。

 

ただいちいち選びに行くのは面倒くさい・・・
そんな方はゲームフォルダーを選択することでトップページに
タイトルが表示され、クリックするだけで起動できるようになります。

・まず上タブにある設定をクリック
・設定内にあるフォルダタブをクリックし、追加ボタンをクリックしROMがあるフォルダーを選択



こちらで設定は完了!!

 

 

 

■初期設定

 

このままでは英語表記になっているので設定を変更しましょう

・まず上タブにある設定をクリック
・設定内にあるWiiタブをクリックし、システムの言語 『日本語』に設定。PAL60(EuRGB60)モードを使用チェックを外す。
・設定内にあるGCタブをクリックし、システムの言語 『日本語』に設定。

こちらで設定は完了!!

■セーブデータ

Dolphinにはもちろんセーブ機能が実装されております。
セーブデータが保存されているフォルダの確認は

 

・ゲームタイトルを右クリック
・セーブデータのフォルダーを開く

■GCコントローラ接続タップ

純正のゲームキューブのコントローラーを設定したい場合はGCコントローラ接続タップが必須


↑接続タップがこれがおすすめ

 


↑新品のコントローラーが欲しい方

 

 

 

■ゲームキューブ コントローラーの設定

まずはゲームキューブの設定を行います。
一番はゲームキューブコントローラーの純正を使用がおすすめ。

接続は上のコントローラータップと純正品が必要。

両方揃えるのが難しい、お金がかかる・・・
という方はSwitch型コントローラーがおすすめ!

 

 


・上のバーにあるコントローラー設定をクリック

・すると上の設定画面が表示されます。ゲームキューブのコントローラー設定をクリック。

普通のUSB接続コントローラーは『標準コントローラー』
純正を使用の場合『WIII U GCコントローラー接続タップ』

コントローラは全部で4個設定可能。

接続しているコントローラーによってAPIが異なりますのでデバイスで
Xinput・DirectInputを選択しControllerで表示されましたら選択します。

実際のボタン設定法は設定したいボタンをマウスでクリックし
コントローラーのボタンを押し込みます。

設定内にありますclickは移動カーソルの押し込みになります。

設定し終わったらプロフィールの名前を設定しSAVEを行えば完了です。

■ゲームキューブ・Wiiソフトの吸出し方

エミュを楽しむためにはゲームROMの吸出しが必須になります!
吸出しで有効的なのがWii改造実機を使う方法とパソコンを使う方法があります。

下記記事で紹介していますので参考に!!

 

■ドロフィンでオンライン・マルチネットプレイをする方法

ドロフィンではオンライン対戦を楽しむことができます。
下記の記事で紹介しておりますのでご参照を!!

 

■エミュでチートの設定

人気エミュの『Dolphin』ですが、実はデフォルトで
チートを使用できます、ゲームによってはお金が貰えたり
無敵化などWii・ゲームキューブでチートを楽しむことができます

ただネットで『Dolphin』内のチートコード有効化について
紹介した記事がございますので参考に!!

 

 

■『Dolphin 』エミュ グラフィック設定

グラフィックの設定を行いましょう。
上のタブにありますビデオを選択し、クリック

 

・一般タブ

画面がぐらついたり、ちらついたりする方は『垂直同期』にチェック
画面全体で楽しみたい方は『フルスクリーン』にチェック
極稀にビデオカードがグラフィックボードではなく、マザーボードに設定されている場合があるので変更

 

・画質向上の設定タブ

【内部解像度の変更】
内部解像度を変更し画質向上を行う設定
ゲーム内の内部解像度の変更は下から順に。5Kは相当スペックがないと無理

【アンチエイリアス】
アンチエイリアス処理を行い画質を向上させる。GPUにより設定可能な項目内容は変化する。
画面全体に作用するので処理が重いが、ほぼ全てのタイトルで画質向上が体感できる。
2xが費用対効果が大きくオススメ。また内部解像度が高いほど効果も大きい。それ以上はスペックと相談してお好みで。

【内部解像度の変更】
異方性フィルタリング処理を行い画質を向上させる。x1(無効)~x16までの範囲で設定。
画面の一部のみに作用するためそれほど重くはならないが、効果は体感できるタイトルとそうでないものにはっきり分かれる。

【擬似ワイドスクリーン化】
これを有効にすると強制的にゲーム画面の外側(左右)まで描画し、引き延ばすことなく 16:9 での表示を行うことが出来る。
4:3(スクエア) にしか対応していないタイトルのみ有効。主にGCのタイトル向け。
当然、エフェクトや座標を取得するオブジェクトなどはズレるし、画面端の表示はおかしくなる。
が、それ以外はこれといった問題もなく、しかも元々隠している部分を表示するだけなので、動作速度にはほとんど影響しない。

 

 

これがエミュレーター「Dolphin」 PC版の設定方になります!!
オンラインも実装され本格的にWII Uエミュを楽しむことができます。
なにかご質問があればコメント頂けましたらできる限りお答えさせていただきます!!

 

■新規ブログも開設しました!!!
美容ブログとネットビジネスブログも開設
気になる方は下のリンクから
フツモテ-フツメンがメンズ美容・ファッションを多用しモテ計画ブログ”>■フツモテ-フツメンがメンズ美容・ファッションを多用しモテ計画ブログ
高卒・成績底辺の男が成功するために足掻くブログ”>■高卒・成績底辺の男が成功するために足掻くブログ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です