ゲームキューブ・Wiiエミュレーター【Dolphin】で実機以上のグラフィック設定を行うやり方!アンチエイリアシングや後処理効果など・・・

 

 

ゲームキューブ・WiiエミュDolphinの最大の特徴はグラフィック改善

今回はゲームキューブ・Wiiエミュレーター【Dolphin】で実機以上のグラフィック設定を行うやり方!アンチエイリアシングや後処理効果など・・・

 

 

事前にエミュレーターを導入しましょう!

 

 

 

↑エミュレーターを導入設定記事

 

 

 

ROM保存のために外付けHDDやmicroSDがあれば便利です

 

グラフィックスの改善

 

 

 

フルスクリーンに入ると、最初に気付くのは、グラフィックの品質がやや低品質でピクセルっぽいように見えることです。

DolphinはCPUを大量に使用するエミュレーターになる可能性があるため、デフォルトでは、ほとんどのコンピューターで可能な限り互換性を保つために設定が低くなっています。幸いなことに、上のサンプル画像に示されているように、Dolphinのグラフィックは改善できます(コンピューターで処理できる場合)

 

「グラフィック」アイコンをクリックするか、[ オプション] > [ グラフィック設定]に移動します。

 

②「OpenGL Graphics Configuration」ウィンドウが表示されます。[ 拡張 ]タブをクリックします。

 

③ここで重要なオプションは、「内部解像度」、「アンチエイリアス」、「異方性フィルタリング」(これを無視)、および「後処理効果」です。ここでは、内部解決に焦点を当てましょう。

 

 

 

内部解像度」のドロップダウンフィールドをクリックします。」これらのオプションがあります:

一般に、720pの2x Native(1280×1056)は、現代の平均的なコンピューターで十分に動作するはずです。ハイエンドコンピューターは1080pで3xネイティブ(1920×1584)を処理できる必要があります。ただし、デバイスがローエンドまたはタブレットの場合は、デフォルトのネイティブ(640×528)で動けなくなる可能性があります。ゲ

ームを実行している場合、これらのオプションをクリックすると、Dolphinは変更された解像度をすぐに適用してプレビューします。

明らかに、音楽が途切れることなく再生されるのが聞こえたら、コンピューターが処理できない解像度を選択しました。

 

 

コンピューターに適した解像度を選択したら、このウィンドウを閉じます。GameCubeとWiiゲームを定期的に切り替える場合は、この画面に戻って解像度を変更する必要があります。たとえば、720pで2xネイティブ(1280×1056)に設定し、すべてのGameCubeゲームが正常に実行された場合、Wiiゲームを開くと動作が遅くなります。

この場合、Wiiゲームでは解像度をネイティブ(640×528)にロールバックし、GameCubeゲームをプレイすることに決めた場合、720pで解像度2xネイティブ(1280×1056)に戻す必要があります。

アンチエイリアシング

 

 

アンチエイリアスを有効にすると、GameCubeゲームでうまく機能します。

Wiiゲームでは、ハイエンドコンピューターのみがアンチエイリアシングでそれらを処理できますが。これはかなり微妙な機能です。レンダリングの品質にこだわりがない限り、アンチエイリアシングの有無にかかわらず、おそらく違いに気付かないでしょう。とにかく、アンチエイリアスを有効にする方法は次のとおりです。

 

「グラフィック」アイコンをクリックするか、[ オプション] > [ グラフィック設定]に移動します。

②「OpenGL Graphics Configuration」ウィンドウが表示されます。[ 拡張機能 ]タブをクリックします。

 

 

 

③「アンチエイリアス」のドロップダウンフィールドをクリックします。:」これらのオプションを取得します

選択2X MSAAを、またはあなたのCPUをテストしたい場合は、より高いものを選択します。

解像度を変更するときのように、Dolphinは選択したアンチエイリアスのプレビューをすぐに表示します。

 

 

 

後処理効果

 

後処理効果は、グラフィックを強化するために何もしません。奇抜なフィルターを適用するだけの楽しい機能です。有効にする方法は次のとおりです。

 

「グラフィック」アイコンをクリックするか、[ オプション] > [ グラフィック設定]に移動します。

②「OpenGL Graphics Configuration」ウィンドウが表示されます。[ 拡張機能 ]タブをクリックします。

③「後処理効果」のドロップダウンフィールドをクリックして、必要なものを選択します。解像度を変更するときと同様に、Dolphinは選択したエフェクトのプレビューをすぐに表示します。

 

 

ゲームキューブエミュの情報

 

 

■ゲームキューブ・Wiiソフトの吸出し方

 

エミュを楽しむためにはゲームROMの吸出しが必須になります!
吸出しで有効的なのがWii改造実機を使う方法とパソコンを使う方法があります。

下記記事で紹介していますので参考に!!

 

■ドロフィンでオンライン・マルチネットプレイをする方法

 

ドロフィンではオンライン対戦を楽しむことができます。
下記の記事で紹介しておりますのでご参照を!!

 

 

 

■ドロフィンがアンドロイド・スマホでも動作可能に!

 

ドロフィンがなんとアンドロイドでも動作可能に!

ある程度のスペックがあれば実機同様に動作しますので

こちらを参考に↓

 

 

■エミュでチートの設定

 

人気エミュの『Dolphin』ですが、実はデフォルトで
チートを使用できます、ゲームによってはお金が貰えたり
無敵化などWii・ゲームキューブでチートを楽しむことができます

ただネットで『Dolphin』内のチートコード有効化について
紹介した記事がございますので参考に!!

 

 

 

 

まとめ

 

今回はゲームキューブ・Wiiエミュレーター【Dolphin】で実機以上のグラフィック設定を行うやり方!アンチエイリアシングや後処理効果など・・・