Fallout76の予習に。フォールアウトシリーズ1作目から「Fallout4」までの販売・開発史の歴史とゲーム性の変換

スポンサーリンク

official-fallout-board-game-announced_kkt2.png

有名な世紀末RPGゲーム「Fallout」

世紀末でヒャッハーしながら自由に冒険できるのがウリのRPGシリーズ「Fallout」は
日本ではFallout3のCS版(コンシューマ版)から公式にローカライズされたことで知名度が上がり
スカイリムの大ヒットで同じ開発者のゲームにさらに知名度一般的なものになった。

続編のフォールアウト4も当然にことながら大ヒットし(個人的にはFalloutの良さがなくなっているような気がするが・・)
今年のE3ではオンライン対応の最新作Fallout76の販売を控えている。

ただ最近のこの作品を知った方はこのFalloutシリーズはベゼスタから発売されているとお思いでしょうが
実はFalloutシリーズの初期は開発チームが異なっており、開発史が非常に複雑になっている。

最初期のゲームは今のようにオープンワールドではなく、上見下ろし型なのを知っていましたか?
というかどのシリーズがどのタイトルにつながっているのか?
フォールアウト4やフォールアウト3から遊び始めた方にはわけがわからないかと思いますので
今回はフォールアウト76の発売に際しまして複雑すぎる
Fallout開発史とゲーム性変更の歴史+軽いフォールアウトシリーズ内の歴史
について纏めましたのでご紹介させていただきます!

・『Fallout 76』情報

■Fallout76がニンテンドースイッチに発売・リリースされる可能性!スペック問題はクラウド技術で解消

■『Fallout 76』をプレイ前に予習したい内容や年代・初オンラインの仕様や初回特典など!フォールアウト76

■Fallout76の予習に。フォールアウトシリーズ1作目から「Fallout4」までの販売・開発史の歴史とゲーム性の変換

■『フォールアウト76』フォールアウトシリーズファンが手に入れるべき限定グッズ10点(Fallout 76)

■『フォールアウト76』核ミサイル・放射能の影響は現実的なのか!実際に核物理学者に尋ねて見た結果(Fallout 76)

■『フォールアウト76』Nexus ModsでFallout76のMOD導入が可能に!髪の色や地図など変更(Fallout 76)

■『フォールアウト76』フォールアウトシリーズの音楽の歴史 サウンドトラック公開!iTunesやアマゾンなどで購入可能!(Fallout 76)


・『Fallout 76』攻略

■Fallout 76の新規クリーチャーまとめ!すべての野生生物、動物、おぞましい敵を攻略せよ!!


■『フォールアウト76』新機能トレジャーマップ!宝の地図を使いレアアイテムを手に入れるやり方!(Fallout 76)

■『フォールアウト76』チャレンジ・実績でアトムキャップを入手し特別なレアアイテムを攻略・入手せよ(Fallout 76)

■『フォールアウト76』突然変異と病気の効果・違い!ミュータントになる原因とメリット・デメリットは??(Fallout 76)

■フォールアウト76』地図・MAP ボブルヘッド・宝の地図・ワークショップ・フュージョン・コア・クエスト・パワーアーマの場所一覧(Fallout 76)

■『フォールアウト76』ボブルヘッド・雑誌・スキル雑誌(スキルブック)の効果・仕様は?(Fallout 76)


■『フォールアウト76』SPECIALシステムのPerkカードとスキルのフリ直しを防ぐ!スキル振り分けシュミレーションサイト

■『フォールアウト76』SPECIALシステムのPerkカードとスキルの仕様・効果一覧 カードランクの上げ方・カードの入手方など・・・(Fallout 76)

・『Fallout 76』設定

■フォールアウト76』英語版や英語音声+日本語字幕に変更する設定方(Fallout 76)

■『フォールアウト76』操作方法&設定 PS4・PC版 平和主義モードや視点変更・○・☓の割当変更


■『フォールアウト76』FOV・視野角変更や・ロゴムービーの消し方 パッチによりiniによるfps/FOV変更が不可能に?

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

hgmhgvmdbvcdvc.jpg


■Fallout開発史
Fallout前身タイトル『Wasteland』がブライアン・ファーゴ氏率いるInterplayで開発され、
続編の『Wasteland2』も開発されていたが、大人の事情で発売ができなくなった。
そしてWastelandの設定などを運用した新規タイトルこそが『Fallout1』になります。

『Fallout1』もブライアン・ファーゴ氏率いるInterplayによって開発されました。
しかしここで生みの親であるブライアン・ファーゴ氏が退社してしまいますので
続編の『Fallout2』は子会社のBlack Isle Studiosによって開発ました。

『Fallout Tactics』(こちらは外伝作品扱い)が
オーストラリアのMicro Forté社によって委託開発されました。


しかしここで続編Fallout3扱いの『Van Buren』というタイトルが
Black Isle Studiosで開発されていたが、完成を間近にして資金難により開発中止。
(そのため大量の設定資料がある)

『Fallout2』を作成した子会社Black Isle Studiosが倒産してしまいます。
そのあと『Fallout: Brotherhood of Steel』がInterplayによって開発さらたものも
外伝であり、何年もFalloutの続編が発売されていなかった。
そんなさなかFalloutのローカライズ権を有しているInterplayと子会社諸々が倒産してしまう。

そして最近フォールアウトシリーズを知った方にはおなじみの
ベセスダソフトワークス(ゼニマックス)がFalloutのローカライズ権を買収したことにより
フォールアウトの続編が開発できるようになった。

そして『Fallout3』がベセスダソフトワークスにより開発された。
Fallout3は続編扱いの、Van Burenの設定を参考にしておらず
ゲーム性・そして舞台をアメリカ西海岸から東海岸に替えたことから
旧作のFalloutとはだいぶ異なるものになる。
実際に旧作ファンからは新シリーズという扱いを受けている。

『Fallout New Vegas』はObsidian Entertainmentにより委託開発。
こちらの会社には旧Black Isle Studiosのスタッフが多く在籍しており、Van Burenの多くの要素を
取り入れたことから真のFallout3という扱いを受けている。

『Fallout4』がベセスダソフトワークスにより開発。
舞台はアメリカ東海岸。(新フォールアウト2という事になる)

Fallout1、2、NVが正史。旧シリーズ。
Fallout3、4は正史だが、新シリーズ。(但し、旧ファンからは外伝扱い)
Fallout Tactics、Fallout: Brotherhood of Steelは正史からは除外された外伝。

という扱いになっている。

ゲームシステムの変化について
Fallout1、2は見下ろし型のテーブルトーク風のストラテジーRPG。
Fallout Tacticsは完全なストラテジーRPG(リアルタイムストラテジーともいうシステム)。
Fallout: Brotherhood of Steelはアクションゲーム。
Fallout3、NV、4はFPS・TPS視点のRPGとなっているが、
3は冒険色が強く、NVはテーブルトーク色が強い、そして4はFPS要素とビルダー要素が強いという特色が挙げられる。

作中に登場する、Brotherhood of Steel、新カリフォルニア共和国(NCR)、エンクレイヴ、ガンランナー、グレートカーンズなどという組織の背景が知りたければ
是非とも1,2をプレイしてみてはいかがだろうか?
ちょっと設定がめんどうだが、Windows10でも動作するし、1に至っては有志翻訳MODがあるのでとっつきやすい。
2はテキストを読むとなると難しいが、攻略サイトなどを見ながらやればゲーム自体は進行できるので、試してみるのもありだろう。
(2の翻訳MODも存在するが、どうも動作する人としない人が見られるようで、この辺はいまいちよくわかっていない)


また、マッドマックスの様な乾いた荒野や、ウェスタン的な世界観、テーブルトーク的自由度を求めるならニューベガスがおススメ。
このニューベガスは、Falloutシリーズで最も評価された作品であり、海外サイトを見るとNVを最高傑作と称賛する声がかなり見受けられる。
ただ、若干マニアックなノリはある。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 Comments

Add your comment