FW3.60/3.65改造PSVitaでHENkaku ◯ (Ensō)恒久化パッチを導入して再インストール不要に!

 

 

次世代機携帯ゲーム機 psvita(プレイステーション・ヴィータ)

PlayStation Portable の後継機として登場し
携帯機とは思えない高解像度の映像でゲーム体験が魅力的な機器だ。

そんなpsvitaはHENNKAKUを導入することで
様々な便利機能が使用可能になり
Vitaの利便性・可能性が大幅に上昇しますが
一つ残念な点があり、電源が切れてしまうと【HENkaku】を再インストールしなくてはなりません。

それって正直めんどくさいですよね・・・

そんな方はHENkaku ◯ (Ensō)を導入して、煩わしい再インストールをスキップしてしまいましょう!

 

HENkaku Ensoとは?

 

通常、HENkakuを導入したPSVitaは、

一度電源を切ると未改造の状態に戻ってしまい、また一からHENkakuを導入する必要があります。

その理由は

【Vitaを再起動すると未改造状態に戻ってしまうため】

スリープ状態であれば問題はありませんが完全に電池が切れたり

再起動を行う場合なども例外なく再インストールの必要が出てきてしまいます。

 

しかしこの煩わしさから開放してくれるのがHENkaku Enso

Vitaを再起動しても改造状態を維持してくれる便利アプリです!!

さらにHENkakuだけでは要求FWが3.60までのゲームしか起動することができませんが、

ここで紹介するHENKaku Ensoを導入することで3.65までに対応したゲームの起動も可能となります。

 

Vitaはソフトによって本体の必須バージョンが要求されるため
ソフトを遊ぶのも考えれば必ず導入しておきたいソフトです。

 

HENkaku Enso導入の事前準備

 

HENkakuとvitashellをインストールしておく
HENKaku Ensoを導入するには、HENkakuとvitashellが必要になります。導入は以下の記事をご覧ください。

 

・必要なもの

HENkaku導入PS Vita

 

↓VitaのCFW・改造を導入設定するやり方はこちら

 

PS Vitaメモリカード

PS Vitaのメモリカードの容量は最低8GB
64GBが理想なので用意したほうが無難。
h-encoreがインストールされているVita本体でないと起動しません。

 

 

 

 

HENKaku Ensoの導入方法

 

必要なファイル

ENSOのvpkをダウンロード。
updater.vpk

PSP2UPDAT.PUP

HENkaku Ensoの導入方法

 

①設定→HENkakuの設定 に進み、「リスクのあるユーザープログラムを有効化」にチェック

また、「メモリカードとのリンクを解除する」も実行しておきます。

 

②VitaShellを起動し、STARTボタンを押して、”SELECT button”の設定をUSBに

 

③SELECTボタンを押すとPCにつなげるようにメッセージが出るので、PCと接続します。

 

④さきほどダウンロードVPKファイルをVitaShellで転送、

インストールするとホームに3.65 HENKaku Enso Updater

⑤一度3.65 HENKaku Enso Updaterを起動

 

⑥PSP2UPDAT.PUPフアイルを、PCからVitaの ux0:/app/UPDATE365/ に転送

 

⑦Vitaを再起動します。molecularShellをタップし「install 変革」をタップしてHENkakuを再導入

⑧3.65 HENKaku Enso Updaterを起動し、表示に従ってXボタンをクリック

 

⑨3.65 HENKaku Enso 導入作業が始まります。

 

⑩VitaのFW更新作業が行われますので待ちます。Vitaが再起動完了すると、FW3.65 CFW HENkaku Enso 導入完了

↑こんな感じになれば正解!!

 

HENkaku Ensoの導入方法・使い方まとめ

今回は「HENkaku Enso」はHENkakuを再導入する手間が省ける便利なアプリをご紹介しました。

ぜひ導入してみてください!!

 

↓ゲームの吸出しを行いたいならこちらのソフト

 

↓Vita内でPSPエミュを動かせる!

↓ついにVitaのエミュレータが登場!!

↓ダウンロードサイトで手に入れれるらしいが・・