HENkaku改造導入PSVitaでPSP・ISOを動かせるエミュレータソフト「Adrenaline」設定・使い方!!

 

 

 

次世代機携帯ゲーム機 psvita(プレイステーション・ヴィータ)

PlayStation Portable の後継機として登場し
携帯機とは思えない高解像度の映像でゲーム体験が魅力的な機器だ。

そんなpsvitaはHENNKAKUを導入することで
エミュレータを起動させることができます。
そこでおすすめなのがPSPのISOを起動することができるソフト

『Adrenaline』

今回はAdrenalineの設定法について紹介します!!

 

 

 

Adrenalineの機能は??

 

AdrenalineとはHENkakuを導入したPSVitaで、PSPをそのまま再現するツール

Adrenalineを起動するとPSVitaの画面がPSPのクロスメディアバーに切り替わり

メモリーカードに保存しているPSPのISOを起動することができます。

 

さらにPSP用のエミュレータ―を起動することも可能で

レトロゲームのエミュも起動できるので管理が非常に簡単です。

 

 

Adrenaline導入の事前準備

 

HENkakuとvitashellをインストールしておく
Adrenalineを導入するには、HENkakuとvitashellが必要になります。導入は以下の記事をご覧ください。

 

・必要なもの

HENkaku導入PS Vita

 

↓VitaのCFW・改造を導入設定するやり方はこちら

 

PS Vitaメモリカード

PS Vitaのメモリカードの容量は最低8GB
64GBが理想なので用意したほうが無難。
h-encoreがインストールされているVita本体でないと起動しません。

 

 

 

 

Adrenalineの導入方法

 

必要なファイル

アドレナリン:  GitHub Link 

PSP isoまたはPS1 eboot。

↑ダウンロードサイトで手に入れれるらしいが・・・

 

 

手順1:隠しフォルダの表示を有効にする

 

 

  • あなたはあなたのメモリカードの中のすべてを見るために隠しフォルダを見ることを可能にする必要があります。
  • View / Options / Changeフォルダに移動します。
  • 検索オプション / 表示 /を選択し、[ すべてのファイル、フォルダ、ドライブを表示する]を選択します
  • 必ず「保護されたオペレーティングシステムファイルを隠す(推奨)」のチェックを外してください。
  • Okをクリックしてください。
  • 以下のためにMacユーザーは、使用することができますCMD + SHIFT + . 隠しフォルダを有効にすると、再び表示をオフにします。

 

 

ステップ2:Vitashellを起動してUSB経由で接続します。

 

 

  • Vitashellを起動し、[スタート]ボタンを押して[選択ボタン]を[ USB ]に変更します
  • Oを押して主な設定をキャンセルし、次にSELECTを押してVitaをPCに接続します。
    注意:SD2Vitaを使用している場合は、USBデバイスをSD2Vitaに変更してください。

 

 

ステップ3:Adrenaline.vpkファイルをVitaに移動します。

 

 

 

  • Adrenalineファイルを保存したフォルダに移動します。
  • USB経由で接続したときにポップアップしたAppフォルダに移動します。

 

 

ステップ4:VitaShellを使用してアドレナリンをインストールする。

 

 

  • Oを押すとUSB接続が解除されます。
  • ux0:appフォルダに移動します。
  • Adrenaline.vpkファイルでXを押します。
  • Xを押してインストールを確認します。
    注:スペースが必要な場合は、インストール後にAdrenaline.vpkファイルを削除できます。

 

ステップ5:ホームページに戻ってアドレナリンを起動します。

 

 

  • ホームページに移動してWiFiをオンにすると、AdrenalineがPSPファームウェアをダウンロードできるようになります。
  • 次にアドレナリンの泡をクリックして起動します。
  • PSP 6.61ファームウェアをダウンロードするにはXを押す」というメッセージが表示されるので、Xを押してダウンロードします。
  • 誤ってX以外のボタンを押した場合、Adrenalineはダウンロードされず、Adrenalineを削除して再度インストールする必要があります。

 

 

 

ステップ6:アドレナリンを再度起動します。

 

 

  • アドレナリンを起動すると、今度は「PSP 6.61をインストールするにはXを押して …」と表示されます。
  • Xを押してインストールします。
  • 終了したら、「Xを押してPSP XMBを起動します。
  • これでPSPインターフェースが起動し、PSPをセットアップして楽しむことができます。

 

 

ステップ7:アドレナリンダブル起動バグを修正します。

 

 

  • Adrenalineには、起動するためにAdrenalineを2回押す必要があるというバグがあります。
  • あなたのtaiフォルダに行き(あなたがSd2Vitaを使っているならあなたのtaiフォルダはur0:taiにあるべきです)そしてconfig.txtで Xを押してください。
  • 下る* KERNELキーを押し  、「空行を挿入」 と「と入力:アプリ/ PSPEMUCFW / sce_module / adrenaline_kernel.skprx ux0を引用符なし」。
    • これは常にux0になります。
  • Oを押してテキストフィールドから出て、もう一度Oを押して変更を保存するように促します。
  • Xを押して保存します。

 

 

 

 

■PSPISOバックアップを置くフォルダーは??

 

 

 

  • Adrenalineを終了します(PlayStationボタンを押しながらAdrenalineの横の設定をクリックし、PspEmuアプリケーションを終了します)。
  • VitaShellに移動して、もう一度USB経由で接続します。
  • ポップアップしたばかりのフォルダーについては、pspemuフォルダーに移動してそこにISOフォルダーを作成します。
  • ここにあなたのPSP ISOを移しなさい。
  • アドレナリンに戻ります。
  • 行くゲーム/メモリースティックあなたのPSPのバックアップを再生するために。注意:あなたがPSPを持ったことがあるなら、あなたは他のエミュレータも置くことができることを知っています。ただし、PSPとPSXは最高のエミュレーションを提供する予定です。

 

 

■あなたのPS1ファイルを置く場所。

 

  • VitaShellに移動して、もう一度USB経由で接続します。
  • ポップアップしたばかりのフォルダーについては、pspemu / psp / gameに移動します(これらのフォルダーが利用できない場合は、作成してください)。
  • AdrenalineがあなたのPS1 Eboot(romのフォーマット)を認識するためには、Ebootをフォルダの中に置く必要があります。
  • このガイドでは、私はEbootを持っていて、それをGT3E52と呼ばれるフォルダの中に入れました(これはゲームIDですが、それは何でも呼ぶことができます)。
  • アドレナリンに戻り、ゲーム/メモリースティックに行きます。

 

Adrenalineの導入方法・使い方まとめ

今回はHENkakuを導入したPSVitaで、PSPを再現することができる「Adrenaline」をご紹介しました。

PSVitaでPSPのISO起動を可能にし、さらにPSP時代にリリースされたエミュレータを、すべて使用することができます。

ぜひ導入してみてください!!

 

↓ゲームの吸出しを行いたいならこちらのソフト

 

↓ついにVitaのエミュレータが登場!!