HENkaku改造導入PSVitaでスリープモードから復帰した際の自作ソフトの不具合を修正する【プラグインFdFix】の設定・導入法!

 

 

ソニーが2011年(平成23年)12月17日に発売した次世代機携帯ゲーム機 psvita(プレイステーション・ヴィータ)

改造データを導入することで各種機能【エミュ・自作ソフト・吸い出し・チート】などを利用できるようになりお持ちのVitaをより便利なゲーム機に変更することができるようになります。

今回は【HENkaku改造導入PSVitaでスリープモードから復帰した際の自作ソフトの不具合を修正する【プラグインFdFix】の設定・導入法】の設定を行います。

 

 

 事前にHENkakuとvitashellをインストール

 

・必要なもの

HENkaku導入PS Vita

 

 

 

↓VitaのCFW・改造を導入設定するやり方はこちら

 

 

PS Vitaメモリカード

 

PS Vitaのメモリカードの容量は最低8GB

ただバックアップ起動のためのRomデータの置き場所として
64GBが理想なので用意したほうが無難。

Vitaminを導入するには、HENkakuとvitashellが必要になります。
↓インストール・ファイル管理ソフトvitashellの設定はこちら

 

 

プラグインFdFixの導入方・やり方

 

①【fd_fix.skprx】をダウンロードするために、下のリンクに飛びます。

https://github.com/TheOfficialFloW/FdFix/releases

②配布先に飛んだ先にあります【fd_fix.skprx】をダウンロードします。

③ux0:tai/config.txtに*KERNELux0:tai/fd_fix.skprxと追記

 

 

 

 

まとめ

 

今回は【HENkaku改造導入PSVitaでスリープモードから復帰した際の自作ソフトの不具合を修正する【プラグインFdFix】の設定・導入法】の紹介でした。

 

iPhoneでGBA・SNES・DS・NESを楽しめるiosエミュレーター【Delta Emulator】の使い方・設定・導入のまとめ

またエミュレーターにはさまざまなゲーム機エミュがございます!

ファミコンから最新機種のswitchなどが開発されていますので
下記の記事を参考に好みのゲーム機エミュを導入してみましょう!!

 

【2021年最新おすすめ】実機ゲームエミュレーター/レトロゲームエミュの設定・使い方・導入まとめ!FC・SFC・PS2・GBA・DSなど!

↑こちらからゲームエミュの設定・使い方の一覧をまとめています