プレステ1エミュレーター『ePSXe』でムービーをスキップできる【早送り・倍速】と60FPSに固定する設定・操作法!

 

PS1のゲームをHD化して楽しむことができるのが
パソコンプレステ2エミュレータの『ePSXe』

今回はプレステ1エミュレーター『ePSXe』でムービーをスキップできる【早送り・倍速】の設定・操作法の紹介です!

 

 

PlayStation1 エミュレーター『ePSXe』を導入

 

 

 

プレステ2エミュは複数開発されていますが
実質的にプレイ可能な『ePSXe』の一つのみになっています。

 

エミュをまず導入しましょう!!

こちらの記事に簡単に設定法を紹介しておりますのでご参考に!

 

 

早送り機能切り替える場合の設定法

ePSXeには、元々早送り機能はありません。ピートのビデオプラグインのいずれかを使用している場合にのみ、早送り機能にアクセスできます。これらを使用して早送りを有効にする方法は次のとおりです。

 

事前準備

①ビデオプラグインの設定を開きフレームレート項目の「フレームスキップを使用」のチェックボックスをオン

②「FPS値/フレームスキップを自動で設定」ボタンをオン

③「OK」をクリックし設定完了。

 

 

倍速のやり方

①Deleteを押して、Peteのビデオプラグインの「FPSメニュー」を表示します。

※矢印が「FL」アイコン上にあることに注意してください。

 

②押して終了早送り有効にするキーを押します。そうすると、アイコンが次のように変わります

③ゲームを通常の速度に戻すには、Endキーを押します。アイコンが変わります

元の状態にあるアイコンを変更します

⑤完了したら、Deleteキーを押してFPSメニューを非表示にできます。

⑥早送りを再度有効にするには、これらの手順を繰り返します。

 

早送りが早送りでない場合は、PeteのSoftプラグインに切り替えます。

 

 

60FPSに固定する場合

①FPSを制限するにチャックを入れる。

②カスタムFPSに60と打ち込みOKボタンを選択

 

 

 

 

まとめ

 

プレステ1エミュレーター『ePSXe』でセーブのコピー/移動/削除可能の【メモリーカード機能】の設定・操作法の紹介でした。

細かく設定することで改善しますのでゲームをする場合は参考に!!