CFW導入済み3DSでSNES(スーファミ)のROMを起動可能にするエミュソフト『Snes9x』の設定方。

 

 

 

ニンテンドー3DSへのCFWの導入を行うと様々なことが行なえます。

■CFWで出来ることを大まかに分けると

・エミュレータを導入自分の持っているROMを起動可能。
・3DSソフトのバックアップ起動
・チートが使える。
・カスタムテーマを利用することができる

このなかにあるエミュレータは3DSでレトロゲームを楽しむことができます。
ということで今回はスーファミを3DSで楽しめる『Snes9x』の導入方を紹介します。
※CFWを導入しなければ利用できないので注意

 

 

 

Snes9x 」導入はCFW導入3DSで!!

 

スーファミエミュは無改造3DSで導入することはできません!!

こちらでCFW導入について紹介しておりますのでご参考に!

 

■『Snes9x for 3DS』ダウンロード・インストール手順

 

『Snes9x for 3DS』は、Old 3DS / 2DS用の高互換SNESエミュレータです。

フルスピード(60 fps)で多くのゲームを実行します。CX4チップ(Megaman X2 / X3)、SDD-1チップ(スターオーシャン、スーパーストリートファイター2アルファ)、DSPチップ(スーパーマリオカート)を使用するゲームをサポートしています。

また、SA-1チップ(Super Mario RPG、Kirby’s Dreamland)、SuperFXチップ(Yoshi’s Island、Star Foxなど)を使用するゲームも実行されますが、これらのゲームは大量のフレームドロップで実行されます。

Snes9x 1.43をベースとして使用しているため、

3DS上の既存のSNESエミュレータよりもはるかに高い互換性があります。

New 3DSでもより良く動作します。
最初に『Snes9x for 3DS』の最新リリースをここからダウンロードしてください。

 

赤丸の部分を選択すればOK!!
ダウンロードしたら解凍しましょう。

 

・インストール 3dsxバージョンの場合

1. Snes9x_3ds.smdh、Snes9x_3ds.3dsx、Snes9x_3ds.smdhおよびsnes9x_3ds_top.pngをSDカードの任意のフォルダにコピーします。(両方のファイルは同じフォルダにある必要があります)
2. SNES ROMをSDカードの任意のフォルダに入れます(v0.3以降の場合)

 

 

・インストール CIAファイルの場合

1.お気に入りのCIAインストーラを使用してsnes9x_3ds.ciaをCFWにインストールします。
2. SNES ROMを任意のフォルダに配置します。
3. snes9x_3ds_top.pngをSDカードのルートにコピーします。
4. CIAインストーラを終了し、CFWのホーム画面に移動してアプリを起動します。

 

『PicoDrive for 3DS』操作方法

 

 

ゲーム内の場合:
1.メニューの一番下の画面をタップします。
2.上/下を使用してオプションを選択し、Aを押して確認します。
3. ROMの選択とエミュレータのオプションを切り替えるには、左/右を使用します。
4.自作のランチャー/ CFWのホーム画面でエミュレータを終了できます。

 

 

互換性リスト:
SNES 3DS 互換リスト