CFW・HBL改造Wii Uでファミコンを動かせるNESエミュレータ【FCE Ultra GX】の設定・やり方

 

 

 

出荷台数こそすくないものもスプラトゥーンやマリオメーカーなどのヒット作を排出したWiiの後継機Wii U。

そんなWii Uには改造を施すことができ
バックアップ起動や吸い出し・カスタムテーマの変更など様々な便利機能が利用できます。

更にはエミュレータも起動でき昔のレトロゲームで遊ぶことも!

今回はWii Uでファミコンエミュを動かせる【FCE Ultra GX】の設定・やり方について紹介します。

 

 

Wii Uをまず改造しましょう。

 

エミュを導入するには、本体自体を改造しなくてはなりません。

エミュ導入を考えてなくても、利便性が高まりますから導入をおすすめします。

 

↓こちらで導入法について紹介

 

※改造は本体が動作しなくなる可能性がございますので自己責任でお願いします。

 

 

ファミコンエミュの導入法

 

準備するもの

 

・改造済みの本体


・SDカード

 

 

導入法

 

①「FCE Ultra GX 」をダウンロードし、解凍します。

②SDカードに上書きコピー

 

④「fceugxフォルダ」の中の「romsフォルダ」にファミコンのゲームROM(拡張子 NES)を入れます。

 

⑤SDカードをWiiに差し込み、「Homebrew Channel」から「fceugx」を起動すればファミコンのゲームができます。

 

 

 

ファミコンROMデータは・・

 

ファミコンやスーファミなどのレトロゲームから
パソコンゲームまでダウンロードが可能なサイトがゴロゴロある。

↑こちらのサイトから簡単に手に入れることができるがやめておこう!