【2019】PCゲーマーおすすめ欠点も紹介のPCオンラインゲームMMORPG選ランキング!ネトゲ・無料・買い切りなど

 

仲間内でワイワイ楽しめるオンラインゲーム!

最近ではスマホでも遊べるMMOも登場し、ネット+ゲームは切り離せない関係になっているがやはりオンラインゲームをするならグラフィックに優れたPCゲームが個人的にはおすすめです。

しかしオンラインゲームといってもその数は多く一体度のゲームが面白いのかイマイチわからないのも現状。

ということで今回は【オンラインゲームMMOでおすすめのランキング】をご紹介します。

約ありがちな良いところだけ上げて褒めるのだけではなく、そのゲームの欠点も上げて紹介するので参考になること間違いなし!

 

 

1位 黒い砂漠

黒い砂漠(BlackDesert)は、韓国にあるデベロッパー Pearl Abyss(パールアビス)によって開発されたオープンワールド形式のMMORPG。韓国のDaumGames社によって運営が始まり、その後日本ではGameon社によってサービス開始

基本無料のMMORPGの中ではトップクラスに綺麗な3Dグラフィック、奥深い生活要素・迫力あるノンタゲバトル・自由度の高いオープンワールドで壮大な世界を体感できるシームレスなオープンフィールドを冒険できるのが特徴の黒い砂漠。

黒い砂漠の世界はすべてに「当たり判定」が存在し、その世界観の作り込みはオンラインゲームの域を超えている。

しかも日本人好みのキャラクターをかなり細かく設定できるキャラクターメイキングで、憧れのアイドルや女優さんはもちろん理想の漫画のキャラに限りなく近づけて作成できるのでキャラの感情移入がしやすく、他のゲームに比べ圧倒的にメイキング能力に優れています。


↑元アイドルで圧倒的に人気のある西野七瀬さんもこの通り

ゲーム性も作り込まれており、戦闘アクションも各ジョブに応じて爽快な技が適用されており、MMOでありがちな戦闘が単調という点も改善されむしろ戦闘が楽しく、『キャラメイキングに惹かれて登録したが、ゲーム自体が面白い!!』という方も多い。

だからといって戦闘が苦手な方は釣りや生産・貿易など一市民としても生活ロールプレイを楽しめるので、友人とのんびりプレイしたい方も安心してプレイできる『自由度』が魅力の3DグラフィックMMORPGの最高峰といってもいいゲームだ。

 

・欠点
3Dグラフィックで広大なMAPを冒険するゲームですので必然的にパソコンの要求スペックは高くなります。

ライトスペックPCであればせっかくの映像美を劣化して楽しむことになるため、若干の初期投資が必要な面を考えれば敷居の高いゲームであることは間違えないが、基本的には無料で楽しめ(現に自分は無料で楽しんでいます)ゲームの面白さは買い切りゲームに勝るとも劣らないできなのでそこさえ許容できれば世界が好みでない限り、幅広い層に楽しめるおすすめのゲームになります。

 

ジャンル:オンラインRPG

価格:基本無料(アイテム課金)

↑MMORPG「黒い砂漠」

 

 

 

2位 ファイナルファンタジーXIV(FF14)

ファイナルファンタジーXIV』は、スクウェア・エニックスが開発したファイナルファンタジーシリーズのナンバリングタイトル第14作目にあたり、ファイナルファンタジー11以来2作目のMMORPG

やはりなんといっても国民的RPGのファイナルファンタジーのオンラインゲームですから、新しいゲームを始める際に面倒なゲーム固有の単語を覚える必要がありませんし、シリーズに登場したアイテムやモンスターも登場するのでプレイの際にいちいちテンションが上ります。

FF14ではオンラインゲームでベターなジョブシステムを導入していますが、FFシリーズならではのジョブの竜騎士、モンク、忍者、黒魔道士といった往年のジョブにつけるのもFF14ならではの魅力と言ってもいいだろう。

戦闘だけではなくミニゲームや麻雀など冒険よりむしろ仲間内でサブコンテンツをやり込んでしまうことも多く、MMOでありがちなハードコアユーザーしか楽しめないこともなく、いまから始めたいと考えている新規ユーザーも楽しめると思います。

アイテム製作を行うクラフター。戦闘で使用するアイテムはもちろん、料理や家具だって作れちゃいます!!

そしてオンラインゲームをプレイしていて怖いのが運営が終了してしまうことだが、前作であるFF11が開発が終了したとはいえいまだに稼働していることから成功を収めているFF14も必ず息の長いそれこそ10年選手のオンラインゲームになることは間違いありません。

今後も追加コンテンツが発売され、よりパワーアップしたFFの世界を提供してくれ、参加ユーザーも多いので友達がいなくても協力して敵に挑むことができる、日本で一番勢いのあるMMOといってもいいかもしれません。

 

・欠点
欠点として挙げられるのはやはり【ソフトの買い切りと月額課金】

買い切りしソフトであれば、一度ソフトを購入すれば遊ぶことができなくなることはありませんし、月額無料のMMOも有料のキャラデザインコスチューム以外は基本無料というものが多いのでその点を考えれば月額課金の掛かるFFはお財布に優しいソフトではないかもしれません。

またFF14もそれなりのスペックを要求するパソコンが必要です。

このソフトを長く、毎月一時間以上やるのであれば一本のゲームを買うよりも安いのでゲームにハマればコストパフォーマンスは悪くないです。

 

また懸念としては【戦闘の複雑さ】

弱いモンスターであれば、適当に戦っても勝てますが難しいBOSSになると各々の役割を全うして、戦い方にそって戦う必要があるので初心者の方には難しく、なれていない方には少々とっつきにくく爽快感とはかけ離れているかもです・・その代わりボスを倒した際の達成感はひとしおですが笑

 

ジャンル:オンラインRPG

価格:ソフト購入(月額課金あり)

 

 

 

3位 ArcheAge(アーキエイジ)

世界最古のMMORPG「風の王国」や、ロングヒットMMORPG「リネージュ」の開発を手がけた伝説的ゲーム開発会社のXLGAMES社が開発した圧巻のグラフィックで眩しいほどの美しさと、圧倒的な自由度を持つ超大型MMORPG。

本作の魅力は【暮らしを自由に満喫できる生活系コンテンツ】の充実が他のオンラインゲームに比べてずば抜けている点だ。

野菜や果物を育てたり、海で魚を釣ったり、貿易をしたり、山を越えたり、のんびりとした暮らしをしたいりパイロット、冒険家、刀匠、画家などさまざまな職業に従事して各プレイヤーがそれぞれ独自の方法でお金儲けができ、リアリティーを追求した生活MMORPGを体験することができる。

 

そのリアリティーに一役かっているのが作り込まれた世界観と映像美で自然環境の表現力が素晴らしいく夕日や水面の日の反射、木々の生き生きとした表現が見事に表現されており、一番ゲームのなかに入り込めるMMOかもしれません。

 

また自由度という点でもずばぬけておりお金儲けの方法も様々ですがなんとこのゲーム

他のプレイヤーの攻撃とアイテムの盗むことが公式で認められています。

このゲームはオンラインゲームにありがちな成約を取っ払い、人と人が生活している空間に限りなく近くすることでリアリティーを追求しているのです、その追求の力量は悪いことを繰り返すと裁判所へ連れていかれますが、陪審員を上手く言いくるめることができれば刑は軽く済むことができるなど他のオンラインでは聞いたことのないシステムを採用しています。

リアル課金と無課金の差が少なく、努力次第でトップになれるのでお金を欠けたくない方に最適かもしれません。

 

・欠点

欠点はプレイできる時間が少ない方には向かないかもしれません。

アーキエイジでは労働力システムを採用していますが、この労働力はログイン中にしか回復しないので常にログインを維持する必要がありますし適当に労働力を使ってしまうとすぐに無くなりなんのせいかもないまま終わってしまうこともザラなので計画性のない方・考えるのが苦手な人はトップに立つことができません。

また悪事が可能ですので、プレイヤーマナーも当然に最悪でオンラインゲームの殺伐さを楽しめる方には最高のゲームですが単純にのんびりプレイだけしたいならやめとくことをおすすめします。

 

ジャンル:オンラインRPG

価格:基本無料

 

ArcheAge(アーキエイジ)

 

 

 

 

 

4位 ドラゴンネストR(ドラネス)

「ドラゴンネストR(ドラネス)」は、2010/06/09に正式サービスを開始した全世界で約2.5億人がプレイしている無料オンラインゲーム。

洋ゲーなどのリアル至高のグラフィックが多い中、可愛らしいアニメキャラが特徴的でアバターの自由度が高く自分好みのキャラクターにカスタムできるので感情移入しやすいのが特徴的だ。

街のグラフィックもファンタジー+ポップで作り込みも細かくフィールドを回るだけでも面白い。

何よりの魅力は迫力あるアクション性高いバトル

プレイヤーが口を揃えて絶賛するほどアクションの楽しさがずば抜けており、ゲームパッド専用操作が用意されており、簡単なのにド派手な爽快アクションを楽しめる!他の多くのゲームやったけどアクション要素においてはドラネス超えるものが未だに無い と言っても過言ではない。

なので普通のオンラインゲームでは苦痛になりがちな、レベリングも楽しくできて操作する人でアクションが変わる操作性の高いゲーム。

可愛いキャラクターでアクション性高いMMORPGを探している人におすすめ!

 

・欠点

やはり運営年数が9年だけあり、いまからトップのプレイヤーを目指すのはきついです。

また基本料金無料なので、強さが課金に比例する部分がありますが、現在は多少改善され最前線に立つのを目的でないならば普通に楽しめますが時間かけて育てる必要があるので、最終的には課金をしてしまいがちになってしまいます。

 

 

ドラゴンネストR
Dragon Nest:ドラゴンネスト

 

 

 

5位 ドラゴンクエスト10

こちらも世界的にも人気の国民的RPG【ドラゴンクエスト】の初オンラインゲーム。

昔ながらの一人でプレイするドラクエがオンライン??と拒絶反応が有る方もご安心ください!フレンドでワイワイプレイすることもできますが、オンライン上のプレイヤーをパーティーNPCとして雇うことができますのでマルチプレイでめんどくさい相手に合わせる必要なく自分のペースで進めれるのでシングルプレイヤーにも優しい。

何より一番の魅力はストーリの良さが挙げられる

オンラインではクエストやサブコンテンツの量が重要視され、あまりストーリの良さについては力をいれていないゲームが多いですがやはり国民的RPGのナンパリングなだけあり、作り込みが半端ないです。

正直プレイする前は期待していませんでしたが、ワクワク感は他ナンバリングタイトルに引けを取らないできなので単純にドラクエの続編としても楽しむことができますし、戦闘を進める分には基本的にコマンド選択なので敷居の高いアクションゲームに比べ初心者にもとっつきやすい。

  • 釣り
  • キャラのきせかえ
  • 料理
  • 防具、武器職人

などサブコンテンツも豊富で、戦闘にはいかず職人としてお金を稼ぐプレイヤーもいるほどだ。

 

・欠点

基本的にレベルが重視されるゲームシステムですので、始めたてはあまり活躍できません。しかも長期的に遊んでもらうことを前提にゲーム調整がされているのでレベル上げがしんどく、しかも職から転職すれば1から上げなくてはならないのでマンネリ化する恐れがあります。

また広大なMAPの割には移動スピードが遅い、物語の途中のクエストでフィールド移動用の乗り物やルーラできる場所が増えるそうですがやはり遅くフィールド移動の際に旨味があればそれも耐えれますが、経験値やお金・良いアイテムはダンジョン内にあるのでしんどくなります。

一番の問題は【お金が足りなくなる】

 

シングルプレイのドラクエは終盤であれば逆にお金が余るくらいですが、装備で500万、5000万、1億とかの装備が出てきます・・・

そのほかにも家具や靴・移動アイテムなど良いものを揃えたいならお金は足りなくなり、お金稼ぎもモンスターを倒していれば十分に入手できるものでもないのでこつこつプレイするのが苦手な方はあまり向かないオンラインゲームかもしれません。

 

ジャンル:オンラインRPG

価格:ソフト購入(月額課金あり)

 

 

6位 ソウルワーカー(Soul Worker)

アニメ好きにはたまらないオンラインゲームは【ソウルワーカー】

声優さんを起用し、アニメ調のキャラが会話をしたり動きもなめらかでキャラクターの見た目も凝ったデザインをしているので自分がアニメキャラの一人になったような感覚でプレイすることができます。

リアルグラフィックを敬遠気味なプレーヤーでも嫌悪感ないかわいい・かっこいいキャラをオシャレに着こなすこともできるのでそれを楽しみにして、プレイしている方も多いとか!!

またアクション要素も評判がよく、爽快感抜群でダンジョンでのアクションやスキルの豊富さを使用して一対多をベースにした所謂、無双アクション的なノンターゲッティング戦闘システムを採用しているので戦闘のつまらなさは感じません。

それに加えてストーリーがしっかり構築されていて、物語は撮ってつけたかんもなくフルボイス会話が、キャラクターたちの掛け合いによって面白く進むもので、 戦いをしながらでも自然とキャラの個性や物語が頭に入ってくるようになります。

基本的にソロでプレイしてても問題なく遊べるので大人数でパーティーを組まなきゃ強いボスを倒せないソロゲーマーに優しくないタイプのゲームに比べて気兼ねなく遊べるのが魅力的です。またパソコンの要求要求スペックも低いです。

 

・欠点

一番の問題はサブコンテンツが少ないこと。

他のMMOに比べて戦闘や育てる以外のサブ要素がほとんどなく装備集めのためなんども集会してプレイすることが基本になるので飽きが来るのが早いし運営がアップデートに積極的ではないので今後も追加要素の実装はかなりおそいだろう。

さらにそのダンジョンと拠点をひたすら往復する作業にかかるロードも長いので地道にプレイするのが苦手な方は向かない。

 

また外国人が多いので、パーティーを組みたくても言葉の通じる日本人に合うことが難しく文化の違いからなのかマナーの面でトラブルになる可能性も高い点があり、運営としての問題点が目立つゲームになっている。

 

 

 

ジャンル:オンラインアクションRPG

価格:(月額課金なし)

SoulWorker(ソウルワーカー)
ソウルワーカー

 

 

7位 エルダー・スクロールズ・オンライン

世界中で高く評価され数々の賞を受賞してきた『エルダー・スクロールズ』シリーズ初のMMORPG

日本では3作目『モロウィンド』4作目『オブリビオン』で、5作目の『スカイリム』から人気になり、正義のヒーローから悪のカリスマまでさまざまなロールプレイを楽しむことができるシリーズだが、うまく世界観を表現している。

タムリエル大陸という大陸をほぼ全て再現しており、シリーズファンであればその土地を歩き回るだけでも感動しますし、マップの作り込みやシリーズに登場したアイテムやキャラ、名所が登場するとワクワクします。

戦闘のシステムがスカイリムに比べて改善されており、戦闘自体が面白くなっているのも評価点で特に集団戦闘の際の迫力は凄まじく、本当に戦争を行っているかのような臨場感を味わえますし、月額課金がなく買い切りですむので追加コストが掛からないのも魅力的

洋ゲー風のキャラやファンタジーの作り込んだ世界観を求めている方には最適だ。

 

・欠点

エルダースクロールシリーズ特有の自由度はありません。それを期待してしまいがちですがあくまでオンラインゲームですのでその点の魅力には欠けていますので、オンラインにする利点がシリーズとしてあったのかといわれれば疑問が残ります。

また勧めていくごとにレベルゲーになり、様々なサブコンテンツがあれば飽きも軽減されてレベル上げに励めるのだが基本的にクエスト主体なので長く続けるにはクエストを楽しめる方でないと厳しいかもしれません。

 

ジャンル:オンラインRPG

価格:ソフト購入(月額課金なし)