ファミコン画面立体化エミュレータ「3DNES」レトロゲームを3Dで体験できる不思議なエミュ

 

 

開発者であるTran Vu Truc氏(@tructv)は、
昔の2Dゲームを3D変換しVRでプレイできるエミュレータの最新版「3DNes V2(Pro)」がリリースされました!!

昔の2Dゲームを3D変換???
といわれてもピンと来ないので映像を御覧ください。

 

もともと、3DNesという2Dレトロゲーム内の2D画像を検出し、
リアルタイムに自動で3Dオブジェクトへ変換するエミュレータであり
様々なゲームを3Dに変換できるという実機再現エミュとはまた異なったエミュレーターだ。

2016年にベータ版が登場した3DNes
現在は有料(10USドル)のPro版である「3DNesPro」を購入すれば
Oculus RiftおよびHTC ViveのVRにも対応され、さらに3Dの世界を体験できるそうだ。

もちろん昔のファミコンを楽しむのもいいですが、3D変換して遊んでみるのも
今までとは異なる変わった遊びになるので面白いエミュレーターですね笑

ただ2D設計されたゲームを無理やり3Dに替えてるので
見え方がおかしかったり、プレイに支障が出たりと正常に遊べないこともあるが雑さ加減が逆にいいのかもしれません。

一度試してみてはいかがでしょうか??

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です