HENkaku改造導入PSVitaで動作するスーパーファミコンエミュレータ「Snes9xVITA」の設定・動作法!スーファミ・SFC

 

 

ソニーが2011年(平成23年)12月17日に発売した
次世代機携帯ゲーム機 psvita(プレイステーション・ヴィータ)

そんなpsvitaは改造を施すことができ
HENkakuを導入することで様々な機能・ソフトを使用することができ
エミュレータが動作することができます。

今回は【スーパーファミコンエミュレータ「Snes9xVITA」】の設定を行います。

 

 

【Snes9xVITA】とは??

 

Vitaでは数多くのエミュレータがすでに開発され、問題なく動作しています。

そんなSwitchに新たにスーパーファミコンエミュレーター【Snes9xVITA】が登場

実機同様に動作し、実機以外の利点もございます。

 

・据え置き機を携帯ゲーム機で・・

据え置き機を携帯ゲーム機で遊ぶことができます。

Vitaはモニターもきれいですし、
携帯でお手軽にプレイできるのでおすすめ。

 

 

・わざわざ機種を変える必要がない

ゲーム機本体が違うので遊ぶときには別の機器を持ち運ばなくてはならないのが少々面倒くさい・・・

しかしVitaでまとめてしまえばすぐ切り替えることが
できるので利便性が比較的にUPする。

 

 

 事前にHENkakuとvitashellをインストール

 

・必要なもの

HENkaku導入PS Vita

 

↓VitaのCFW・改造を導入設定するやり方はこちら

 

 

PS Vitaメモリカード

 

PS Vitaのメモリカードの容量は最低8GB

ただバックアップ起動のためのRomデータの置き場所として
64GBが理想なので用意したほうが無難。

Vitaminを導入するには、HENkakuとvitashellが必要になります。
↓インストール・ファイル管理ソフトvitashellの設定はこちら

 

 

 

Snes9xVITAの設定・ダウンロード

 

 

①【Snes9xVITA.vpk】をダウンロードするために、下のリンクに飛びます。

https://github.com/frangarcj/Snes9xVITA/releases

 

 

 

②配布先に飛んだ先にあります【Snes9xVITA.vpk】をダウンロードします。

 

③ダウンロードしたVPKを(sdカード/Vita)に起きます。

⑤ゲームROMは自分が分かりやすいようにVitaのSDカード内にROMの保存フォルダーを作成し、保存します。

 

vitashellを起動して、VPKをインストールします。

 

 

↑ネットにはダウンロードできるサイトがあるらしいがだめですよ!

 

 

 

設定・起動

起動、設定

①本体を起動します。

②ホーム画面に追加されます、ソフトを起動します。

 

 

 

 

 

操作法

 

機能:
* 333MHzおよび444MHzのサポート
*設定可能な画面サイズ
*設定可能なコントロール
*保存状態のサポート
*フレームリミッター
*フレームスキップ
*スクリーンショットのサポート
*設定可能なvsync
*設定可能なFPSカウンター
*設定可能なサウンド出力

↑こちらで操作法を確認できます。ボタンの位置を変更可能。

 

↑セーブデータを瞬間的にセーブ可能。

 

 

まとめ

 

今回はVitaで使用可能なスーファミエミュレータの設定・インストール方の紹介でした。

導入は簡単なので設定してみてはいかがでしょうか??