ステルススリ!泥棒シミュレーター「Thief Simulator 」レビュー!

Thief-Simulator-Review.jpg
発売前や登場したばかりのインディーゲームから、まだ誰も見たことがないような最前線の作品を紹介してゆく「Indie Pick」。第577回目は『Thief Simulator』を紹介する。
本作は泥棒の生き様を描くシミュレーターだ。泥棒となって民家へと侵入し、可能な限り高価な品々をバックパックへと詰め込む。そして警察や住人に見つかる前に逃亡しよう。盗品を売って得たお金でハイテクな稼業の道具を購入すれば、よりセキュリティの固い家を狙うことができるだろう。一方で慎重さを欠けば、翌日には警察があなたの家を訪れることになる


「Thief Simulator 」のゲーム内容は??

泥棒シミュレーターは爽快。デベロッパーのNoble Muffinsは、泥棒の人生をシミュレートすることに関して、疑いの余地なく、サンドボックスタイトルを作成しました。
本作は、侵入前の事前調査から盗品の処理まで、泥棒の活動を細かいディテールにまでこだわって再現した、一人称視点のシミュレーターです。スキルシステムが存在し、窃盗で得た経験値を使ってキャラクターを強化。侵入方法の選択肢を増やすことなどが可能となっています。
Thief Simulatorは、The Thiefと呼ばれる主人公の物語に沿っています。
『Thief Simulator』は、ターゲット(忍び込む家)の下見することで、住民の一日の行動などが把握できる。そういったデータはプレイヤーメニューで記録されており、留守中を狙って忍び込むのが鉄則と言えるだろう。もちろん、セキュリティの厳しい住宅もあるため、注意が必要だ。
Thief-Simulator-Vinny.jpg
泥棒は、新しい家屋に侵入して戦利品を盗むことから経験を得る、またはゲームの物語の一環として追求することができます。いずれにしても、プレイヤーは計画を実行する際に、スキルツリーが存在し、スキルに合ったツールが使用できるようだ。
侵入者をプレーヤーの好みのものにするじゆうどがあります。Catwomanのようなガラスを使って完璧な穴をカットしたり、ロックを電子的に無効にしたりなどさまざま。
最も高価なものは、隠し金庫のような安全な場所に隠されているかもしれない。あるいは特定の部屋には防犯アラームが設置されていることもある。ロックピック、またはハッキングで時間を節約できればベストだが、どちらの手段も難しいならば、家の中を徹底的に捜索してみよう。金庫のカギや、パスワードの書かれたメモを見つけることが出来るかもしれない。なお、泥棒としての経験を積んでいけば、スキャナを使って貴重品の存在する場所をサーチすることもできるようだ。
プレイヤーが困ったときにゴミ箱やクローゼットなど、家の中や周りに隠れる場所がたくさんあります。ちなみに、この代替案は、泥棒の車を運転しているので、お勧めします。盗人の車は、両親が子供を引っ張る車の車輪と車輪をつけた車輪とのクロスのようなものです。歩行者を打つとミッションがリセットされるため、車は危険なツールです。
Thief-Simulator-Rating-System.jpg
住人の生活パターンを調べて無人の時間帯を狙ったり、バックパック容量が有限のため、何を盗み何を盗まないかを選択する計画性が求められる。
泥棒のすべての側面(ロックピッキング、家のケーシング、侵入と侵入、隠ぺい、ちょうど名前を挙げる)の詳細は、注目すべきものであり、表彰の価値があります。
20180913-76135-001.jpg
アイテムを持ち運び、ミッションを終了するには車に乗って、離脱できるラインまで向かう必要がある。ただし、近隣住民に盗みに入った姿を見られると通報される可能性もある。歩行者などがいないか確認し、撤収
見事、盗みを終えたなら、あとは脱出するだけだ。誰にも見られることなく現場を離れるまでが泥棒である。最後まで気を抜かないようにしよう。事前に車のカギを入手していたり、あるいはロックピックの腕に自信があれば、手っ取り早く住人の車を奪って逃げる手もある。逃亡に使った車も含めて、盗んだ品々は盗品売買の店へと持ち込めば良いお金になるだろう。
稼いだお金は、侵入を容易にするさまざまな道具の購入にあてることができる。ハイテクな道具の数々は、セキュリティ設備で固められたお金持ちの屋敷へと侵入するのに役立つことだろう。あるいは新たなトリックを学ぶことも可能だ。警察を避けながら盗みを重ね、大泥棒を目指そう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です