3DSのGBAエミュソフト『TWiLight Menu++ 』を3DS本体でアップデートできる【TWiLightMenu-Updater】の設定

 

 

ニンテンドー3DSへのCFWの導入を行うと様々なことが行なえます。

■CFWで出来ることを大まかに分けると

・エミュレータを導入自分の持っているROMを起動可能。
・3DSソフトのバックアップ起動
・チートが使える。
・カスタムテーマを利用することができる

このなかにあるエミュレータは3DSでレトロゲームを楽しむことができます。

しかしGBA・DSエミュの代表であった『TWLoader』の
ファイルデータがなくなっており、現在利用はできません。

そこで代わりとなる『TWiLight Menu++ 』があるのですがアップデートをいちいち確認して入れなおすのは面倒ですよね??

 

そこで今回は3DSでGBA・NDSのROMを起動可能にするエミュソフト『TWiLight Menu++ 』を3DS本体でアップデートできる【TWiLightMenu-Updater】の設定の紹介です!!

 

 

「TWiLight Menu++  」導入はCFW導入3DSで!!

 

GBA.DSは無改造3DSで導入することはできません!!

 

必要なもの

  • 未対策機

 

↑こちらに導入法を紹介していますので参考に

 

 

  • 64GB以上のmicroSDカード 

 

 

 

『TTWiLightMenu-Updater』ダウンロード・インストール手順

 

 

インストール

 

①最初に『TWiLight Menu++ 』の最新リリースをダウンロードするため下のリンクに飛びます

https://github.com/RocketRobz/TWiLightMenu-Updater/releases

②3dsxファイルとCiaファイルに種類がございますので好きなほうをダウンロード

③ファイルをSDに移動します。

  • hbmから起動する場合は3dsxファイルをsdカードの3dsフォルダの中に移動
  • ホーム画面から起動するならciaファイルをSDカードに移動

 

 

 

 

 


↑色々なゲームを入れたいのなら大容量のSDカードがおすすめ

 

 

 

 

■『TWiLightMenu-Updater』操作

①ソフトを起動しましたらAボタンを押します

③アップデートしたいものを選択してクリック

緑の丸はアップデートがあればアップデート可能です。

③Aボタンでアップデート開始します。

④しばらく待ちましたらアップデートが完了します

 

まとめ

 

今回は3DSでアップデートさせる方法について紹介しました。

導入すればより快適に遊べますので導入してみては??