CFW導入済み3DSでNES(ファミコン) のROMを起動可能にするエミュソフト『VirtuaNES 』の設定方。

 

 

 

ニンテンドー3DSへのCFWの導入を行うと様々なことが行なえます。

■CFWで出来ることを大まかに分けると

・エミュレータを導入自分の持っているROMを起動可能。
・3DSソフトのバックアップ起動
・チートが使える。
・カスタムテーマを利用することができる



このなかにあるエミュレータは3DSでレトロゲームを楽しむことができます。

ということで今回はファミコンを3DSで楽しめる『VirtuaNES 』の導入方を紹介します。
※CFWを導入しなければ利用できないので注意

 

 

 

■『VirtuaNES 』ダウンロード・インストール手順

 

最初に『VirtuaNES 』の最新リリースをここからダウンロードしてください。

 


赤丸の部分を選択すればOK!!
ダウンロードしたら解凍しましょう。

 

・インストール 自作ランチャーの場合

1:SDカードの/ 3ds / virtuanes_3dsにvirtuanes_3ds.3dsx、virtuanes_3ds.smdh、およびvirtuanes_3ds_top.pngをコピーします。
NES ROMを任意のフォルダ内に置きます。
2:Homebrew Launcherに行き(Cubic Ninja、Soundhaxあるいは他のエントリポイントを介して)、
virtuanes_3dsエミュレータを起動してください。

・インストール CIAファイルの場合

1:CFWにvirtuanes_3ds.ciaをインストールするためにCIAインストーラを使用してください。
FBIを使用してTitleDBからダウンロードすることもできます。
2:NES ROMを任意のフォルダ内に置きます。
3:SDカードのルートにvirtuanes_3ds_top.pngをコピーします。
4:CIAインストーラを完了したら、CFWのホーム画面に進んでアプリを起動します。

・.FDSゲームの起動の場合は??
FDSゲームをロードするには、必ずFDS BIOSを入手してください。
BIOSの名前をdisksys.romに変更して/3ds/virtuanes_3ds/bios/disksys.romに配置します。

 

 

『VirtuaNES 』操作方法

 

 

ゲーム内の場合:
メニューの一番下の画面をタップします。

上/下を使用してオプションを選択し、Aを押して確認します。(Xを押しながら上/下を押してPage Up / Page Downを押す)

ROMの選択とエミュレータオプションを切り替えるには、左/右を使用します。
自作のランチャー/ CFWのホーム画面でエミュレータを終了することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です