アラモードと申します!このブログでは様々なゲームのレビューや日本語化 を紹介したいと思います!!PCゲームを主にPS4、スイッチなども扱います!

Subnautica(サブノーティカ)序盤の攻略・ストーリー オーロラ号探索まで、設計図、生物はどこ? マップが登場!

スポンサーリンク

CATEGORYSubnautica
214741.jpg

”見知らぬ惑星に宇宙船が不時着し、一面は海、陸地はわずか1%の
広大な海の惑星で人は生き抜くことができるのか??でおなじみ

海洋探査サバイバルADVSubnautica(サブノーティカ)

正式版が配信されストーリーあり、建築要素あり、未知の生命体ありの
大容量で今この記事を見てくださっている方は絶賛楽しんでいるかと思います!
ただSubnauticaは最初操作にしかり、サバイバルの仕方しかり特に説明なく進んでいくので
サブノーティカ序盤攻略は正直苦労します・・・・

ということで今回はSubnautica序盤の肝であります
オーロラ号攻略・多目的室設計図の作成・シーモスの作成などを行うための攻略方
食料と水分、体力を管理のコツまで幅広くご説明いたします!!

最初はとっつきにくいかもしれませんが慣れれば
かなりの神ゲーなのでぜひ参考にしてください!

※今回は命力(HP)、空腹、渇き、酸素要素があるサバイバルモードが基準です。
  ハードコアモードは一度きりなので慣れてからプレイ推奨


スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

■脱出ポッドを拠点に生活を安定させろ!

さてこの海の惑星にひとりぼっちのプレイヤーは頼るものがありません。
最初は脱出ポッドだけが頼りであり、此の中にあります
アイテム製作機ファブリケーターを使用しながら生活していくことになる。

最初の目標は生活を安定させること!!
食料や水のストックはありませんので現地で調達する必要があります。

このゲームの空腹や喉の渇きがMAXになれば体力が減っていき
最終的に死んでしますといままで集めた手持ちの素材は死んだ場所に留まり
プレイヤーは寝た場所に戻ってしまいます。(序盤は脱出ポット)
なので体調管理はしっかり行いましょう。

■食料の調達法

Subnauticaでは高級レストランで出てくる複雑な料理はありません!
基本的には小さな魚を食していくことになります。

近づいてクリックすれば手掴みで捕獲することができ、そのまま食べる事もできますが
海水がついた状態で食べると腹は膨れますが喉が乾きます。

備え付けのファブリケーターを使用すれば、調理を行い空腹+喉の渇きが回復

されますので積極的に使用していきましょう。

ただし生の場合は腐らないが調理された時点で、
すぐ腐ってしますので長めの探索には不向き・・・

そのような場合は海底などによく塩が落ちていますので魚と一緒に調理すれば
日持ちし、長い冒険に最適!!(ただし喉は渇きます)

1-5.png

改造ステーションを使えるようになれば小型生物を斬りつけるだけで調理してくれる
サーモブレードが作成可能になるのでおすすめ!

最序盤では到達が難しいが、陸地に生えている野菜や果実も
食べる事が可能で栽培もできるので最終的には食料事情が安定する。


■水の確保

水は時として食料よりも重要になります。
水に覆われた海の惑星では海水が大量にあるが、飲水は少なく作成する必要があります。

一番簡単な方法はプラダフィッシュから水を作る方法

このプラダフィッシュ実は食料にも飲水にもなる序盤でお世話になる魚だ!!
原理としてはプラダフィッシュの膜素材を使用してろ過したそうだ笑


この魚は脱出ポット付近に多数生息しているので見かけたら積極的に捕獲しよう。


あとは漂白剤を使用して飲料水を作る方法!!
こちらは塩+コーラルチューブのサンプル×1をファブリケーターにぶち込み
漂白剤を作成、そのあと漂白剤使用し消毒した水を確保できる。

プラダフィッシュのろ過水よりも回復量が多いので塩が余っていれば
作成しておくことをおすすめする。

コーラルチューブのサンプルはナイフで斬りつける事で回収できる。

■探索に必須のアイテムを作成!

さぁここまでは日々を生き抜くためだけの知識
これからはより良い生活を送るための必須項目になっていく。

20170623182000.jpg


海のサバイバルにおける危険は敵対生物と何より自身の酸素になります。
最初はアイテムもなく素潜りになるので酸素メーターは数秒
潜っては海面まで上昇を繰り返します。

そこで必須になってくるのがこちら
・標準酸素ボンベ チタニウム×3
・フィン  シリコンゴム×2
・スキャナー バッテリー×1チタニウム×1
・サバイバルナイフ シリコンゴム×1チタニウム×1
・フラッシュライト バッテリー×1ガラス×1



標準酸素ボンベは酸素容量を上げてくれますので探索が楽に
できれば銀鉱石とガラスで作成できる大容量酸素ボンベが理想です。

フィンは泳ぐ速度をおよそ15%増加する効果
脱出ポット付近にあるわかめのような植物クリープパインの種から
シリコンゴムが作成できます。

スキャナーはこのゲームの要と言っていい重要アイテム
スキャナーを一定時間当てることで生物データや技術設計図を獲得でき
乗り物や建物・便利アイテムのレシピを作成する場合必須です。
植物、生物や岩などでもスキャンすれば事典に登録されます
スキャン可能な残骸(フラグメント)は箱や船の残骸の周りによくありますので
注意深く観察してください。

サバイバルナイフは敵を追い払うのはもちろん海底に生えている
植物などを刈り取るのに必要なアイテム

フラッシュライトはサブノーティカに光源は数えるほどしかなく場所によっては
真っ暗でなにも見えないところもあります。ベットを作成できれば朝まで時間を
経過させれますがライトが無ければ夜は脱出ポッドで一夜を過ごすことに・・・・笑

序盤の鉱石は地面にぽこっと出ている石灰岩を破壊して入手可能
チタニウムは今後大量に必須になるので落ちている船の残骸を
ファブリケーターに突っ込んで手に入れるのが効率的。

subnautica-full-release-vr-oculus-rift-htc-vive.jpg



■オーロラ号探索に向けて!!

ここまでくればある程度サブノーティカに慣れてきて
フラグメント回収で色々なアイテムを作成できるようになっているのでは?笑
ゲーム内である程度日数が立つと前方で目立っていたオーロラ号
燃料の核爆発を引き起こします。


そうなりますとオーロラ号の探索が可能になるのですが
同時にオーロラ号の周りが放射能汚染が始まり生身ではまともに探索が
できなくなってしまうので放射線防護スーツが必須に!

ファイバーメッシュ×2鉛×2で作成可能。

4-2.png


さらにオーロラ号内部探索のため
消火器、リペアツール、レーザーカッター、プロパルションキャノンを作成
しなくてはなりません、

レーザーカッター、プロパルションキャノンはデフォルトでは作成できず
フラグメント回収が必須、さらにダイヤモンドなどの貴重鉱物がいりますので
オーロラ号付近のキノコバイオームに行き、壁際にある岩を叩きましょう。

こちらはダイヤモンド以外にも金・銀・胴・チタニウムなどの鉱石がわんさか
ありますのでおすすめです!!

ここでできればシーグライドというプロペラで水中の推進力を上げる
持ち運び可能な快速機を作成できればなお楽に探索できます。

1-4.png

オーロラ号付近にはリバァイアサンやサンドフィッシュやボーンシャークなどの獰猛な
敵対生物が多いのでシーグライドを利用し緊急回避するためにも必要






スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply