アラモードと申します!このブログでは様々なゲームのレビューや日本語化 を紹介したいと思います!!PCゲームを主にPS4、スイッチなども扱います!

Fallout シリーズ最新作『Fallout 76』はオンライン?PC/PS4/XBOXで発売か?気になるゲーム内容は?日本語はあるのか?

スポンサーリンク

239447.jpg

電撃的発表Bethesda Game Studioは5月30日、『Fallout 76』を発表した!
まだその殆どが秘密のベールに包まれた同作、6月11日の
「Bethesda Showcase」で続報を伝えるとされていますが実は海外メディアが
『Fallout 76』の大まかなゲーム性を紹介している。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

『『Fallout 76』は、『Fallout 3』以降の本編タイトルとは別な、『DayZ』や『Rust』のなどに近い、サバイバル要素とマルチプレイヤー要素を持つRPG』になるそうだ。

いままでのFallout シリーズは基本的にナンパリングタイトルの数字が明記
されていた、ただ正規のFallout5ということで発売されていないことは明確なので
Falloutの中でも特殊な一作になるのではと予想したがまさにそのとおり。

ベゼスタはいままでオフラインRPGを主に作成してきていたが、
エルダー・スクロールズ・オンラインを開発し成功を収めたので
外伝的な意味な『Fallout 76』がマルチ展開されるようだ。

006.jpg

他の情報源では
『『Fallout 76』は『Fallout 4』のマルチプレイヤー版で、クエストやストーリー+『Fallout 4』同様の建築要素なども兼ね備えている』

同社のエルダー・スクロールズ・オンラインもスカイリムなどの多種多様なクエストや
システムを残しつつもオンライン用の戦闘や多少の自由度の制限を
加えて展開されているのでおそらく似たようなものになりそうだ。

005.jpg

フォールアウトにおけるVaultはVaultテック社が作成した核シェルターになっており、
核戦争時に安全に逃げ込める場所であるはずなのだが
実は人体実験をするための施設であり、
『クローンを作成したり』『精神を壊しその経過を見たり』『人間をミュータントにしたり』
とやりたい放題の場所である笑

そんなVaultが運営しているVault76はゲームに実際に登場こそしてはいないが
テキストではその詳細が紹介されている

004.jpg

Vault76“健康”に暮らしてきた500人が核戦争から20年後強制的に汚染された
地域に放り出されるというもの


1998年にリリースされた「Fallout」は,2161年,
「Fallout 3」や「Fallout 4」では,さらにその約100年後,
核戦争から200年たった「キャピタル・ウェイストランド」ですらきれいな水はなく、
ミュータントたちがはびこる不毛な地であった。

しかしVault76ではわずか20年後
いままでのFalloutシリーズでダントツに過酷な地で有ることは間違いない。
おそらく主人公は18才のVaultに入ってからの第一世代の子供とかになりそうだ笑

マルチプレイにおける仕様変更がうまくハマるのかが気になるが
この設定は十分私達を惹きつけるのに魅力的な設定である。

■Vault76は日本語版はあるのか??
やはり日本人としてきになるのは日本語版があるのか??というところ
最近のベゼスタゲーは日本語対応が多く、嬉しい限りだが
オンライン対応で常にゲーム内容が変更するエルダー・スクロールズ・オンラインは
発売当初からしばらく日本語版がなかった。

途中で日本語版が発売されたが公式とは別で発売されて
なぜか2個買うはめになるという謎仕様があった。

なのでFallout 4では日本語字幕・日本語音声が適応されているが
かならずしもVault76が日本語対応というのは難しいところではある。

おそらくVault76のプラットフォームはPC/PS4/XBOXで対応に
なるかと思いますが日本語版の動向にもチェックしていきたい!!


スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply