台湾産のホラーゲーム「返校 -Detention-」日本語版配信!!Steam/PLAYISMで配信 PS4版も開発予定??

スポンサーリンク

nkjvdnskjvnkdsv.jpg

台湾産のホラーゲーム「返校 -Detention-」日本語版配信!! 
Steam/PLAYISMで配信  PS4版も開発予定??



台湾のインディーデベロッパーRed Candle Gamesが開発した
2Dホラーゲーム「返校 -Detention-」

2017年1月13日に配信開始され、すでに台湾では
小説化に加え、TVドラマ化、映画化までと大人気作品になっている。
リリース当初は日本語に対応してはいませんでしたが、
10月27日より日本語版を配信開始スタートしております!!

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ytmuymigm,uyk
「返校 -Detention-」は1960年代の台湾、架空世界の学校を
舞台にしたホラーアドベンチャーゲームになっており、
台湾ならではの文化を表現すべくキャラクターやシーンも
台湾人に親しみのある要素が採用されており、
一膳飯、廟宇、神壇など、当時の宗教や風習をゲームに組み込んでいます。

最近多いホラー3Dゲームに飽き飽きしている方には新鮮なのではないでしょうか?笑

主人公は学校に閉じ込められた女生徒で、
怪しい校内を探索し、その謎を突き止めるというもの。
マウスクリックで操作するので難しい操作は必要ありません。

htmhjmfjvmjhmg.jpg

「返校 -Detention-」は計40分を超えるオリジナル音楽とサウンドエフェクトがホラー要素を
増幅させ2Dといえど侮れない恐怖を演出しています。

プレイ画面に色彩が少なく色あせた写真のようなグラフィック
この世界に希望がないような寂しさを感じさせる世界観

ホラーゲームに大事な世界観も上手く表現されているのだが
一番の魅力はストーリの練り込まれだ


ytdjnchgnhtdnhfn.jpg

実際に台湾の歴史であった戒厳令
権利や自由を奪われて弾圧のあったリアリティーを上手く
ストーリーと絡めキャラクターの心情を上手く表現している。

ホラーゲームではよく根拠のない恐怖を押しだしている作品があるが
説得力のある恐怖・・・そしてプレイヤー自身に考えさせられるストーリー
人によって解釈の仕方が変わるそんな深い物語になっています。




『返校 -Detention』は現在Steam/PLAYISMサイトにて配信されていますが
PS4版『返校 -Detention』も開発中だそうです!!
PC版の『返校 -Detention』は1180円 気になる方はご購入してみては??





スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 Comments

Add your comment