Windows 10 Home 版vsWindows 10 Pro版の違いは??機能と動作の軽さ比較!!どっちを購入するべきか??

 

Windowsには「Home」と「Pro」の二種類がございます。

ただ多くの人にとって、両者のより細かい区別はすぐには分からないかもしれません。

そもそもHomeとProの違いってなんだ?と疑問を持った事はないでしょうか。

そのため、あなたがコアユーザー、PCゲーマー、または単なるカジュアルユーザーのいずれであっても、Windows 10のHomeバージョンとProバージョンの違いを把握していてそんはありませんので今回は両者の違いについて解説していきます。

 

HomeおよびProの指定に進む前に、CPUアーキテクチャを検討する必要があります。

Windows 10の32ビットバージョンと64ビットバージョンの両方が利用可能であり、どちらを使用すべきかはCPUによって異なります。

Windows 10の32ビットバージョンは古いプロセッサ用で、64ビットバージョンは最新のハードウェア向けになります

 

 

CPUが10年以上経過していない限り、64ビットモデルである可能性があります。いずれにしても、これを確認するのはかなり簡単です。

  1. デスクトップまたはファイルエクスプローラーで[ マイコンピューター/このPC  ]を右クリックし、[ プロパティ]を選択します。
  2. 開くウィンドウの[ システム] セクションの下にある[  システムの種類]を見てください。

ここで、現在のオペレーティングシステムが32ビットか64ビットかを確認でき、CPUについても同じことが言えます。

 

Windows 10の共有機能

 

Windows 10のすべてのバージョンは、特定の共有機能を備えた同じ基本機能を提供します。ほとんどのバージョンは、Windowsユーザーが慣れているのと同じ基本的なエクスペリエンスを提供しますが、他のエディションにある特定の高度な機能が欠けています。全体的な「Windowsエクスペリエンス」を定義するのに役立つ、最も重要なWindowsのコア要素のいくつかについて説明します。

 

“Home” や “Pro” で基本的な特徴については大きく差はありません。最大CPUソケット数や最大物理メモリ容量が大きく違いますが、一般家庭であれば “Home” でも問題ないでしょうし、企業ではx86(32ビット)版が主流なので大きな差は出ないでしょう。

機能 Home Pro
x86(32ビット)版 / x64(64ビット)版 x86/x64版 x86/x64版
最大CPUソケット数 1 2
最大物理メモリ容量 (RAM)(x64版)[49] 128 GB 2 TB
最大物理メモリ容量 (RAM)(x86版)[49] 4 GB 4 GB
カスタマイズ可能なスタート メニュー 対応 対応
Windows Defender & Windows ファイアウォール 対応 対応
Hiberboot と InstantGo によるすばやい起動 対応 対応
TPM のサポート 対応 対応
バッテリー節約機能 対応 対応
Windows Update 対応 対応
Cortana 対応 対応
Windows Hello 対応 対応
仮想デスクトップ 対応 対応
スナップ アシスト(1 画面で 4 つのアプリまで) 対応 対応
複数のモニターをまたいだスナップ 対応 対応
OneDrive 対応 対応
Microsoft Edge 対応 対応
Continuum 対応 対応
Windows スポットライト 対応 対応
ときどきスタート画面におすすめを表示する 対応 対応

 

Cortana

近年Windowsに追加された最大の新機能の1つであり、MicrosoftがSiriやGoogle Assistantと同様のAI仮想アシスタントを採用しています。Cortanaはデフォルトで[スタート]ボタンの隣にあり、検索の起動、リマインダーの設定、メールの確認、設定の調整などを行うことができます。

 

仮想デスクトップ

仮想デスクトップの管理を容易にする別のWindows 10コア機能です。この機能により、ユーザーは自由に切り替えられる複数のデスクトップを作成できます。

 

Windows Hello

Windows 10の生体認証セキュリティ機能で、顔認識または指紋スキャンを使用して、ユーザーがログインできるようにし、従来のパスワードまたはPINを置き換えます。また、ストアでの購入にも使用でき、多くのアプリがWindows Hello統合を提供し始めています。

 

ダークモード

システム全体に適用されるようになりました。つまり、Windowsファイルエクスプローラーのダークモードを待ち望んでいたユーザーが喜ぶことができます。Windows 10では、ファイルエクスプローラー、スタートメニュー、タスクバー、アクションセンター、および設定ウィンドウを使用して、「すべてをダークモード」にすることができます。

 

 

ゲームモード

すべてのWindowsユーザーも利用できます。ゲームモードでは、Microsoftはバックグラウンドのアクティビティとプロセスを制限し、代わりにフォアグラウンドで実行されているゲームにそれらのリソースを流用することを約束します。この機能がどれだけ役立つかを正確に言うのは難しいですが、それは確かに正しい方向への一歩です。その他のゲーム機能には、ゲームバー、ゲームDVR、Xbox Oneコントローラーのサポート、Xboxアプリが含まれます。

 

Windows Defender

ネイティブのWindowsウイルス対策プログラムです。リアルタイムの保護オプションを提供し、MicrosoftのEdgeブラウザーとの統合を提供します。また、最新の脅威から保護するために継続的な更新を受け取ります。

 

 

 

 

各OSの特徴は??

 

Windows 10 HOMEの特徴は??


Windows 10 Homeエディションは、ビジネス機は抑えめですが、ほとんどのユーザーが使い慣れたWindows体験を提供しています。普段のPCユーザーで、WindowsのProバージョンを使用したことがない場合は、特に不満もなく使用することができます。

ゲームに関しては、Windows 10の組み込みのゲーム機能はすべてWindows 10 Homeで利用できます。ユーザーは、Xbox Liveアカウントの同期、Xbox OneからPCへのゲームのストリーミング、ネイティブXbox Oneコントローラーサポートの活用、ゲームモードの有効化または無効化、およびブロードキャストとストリーミングオプションにゲームバーを使用できます。

Youtubeビデオの背景
個人やご家庭、個人事業主、小規模オフィスくらいなら Home を選んでなんら問題ないんじゃないでしょうか。

Windows 10 Proの特徴は??

 

 

 

 

Windows 10 Homeはより幅広い消費者市場を対象としていますが、Windows 10 Proはその基本パッケージを採用し、ビジネスユーザー、専門家、または一般的なパワーユーザー向けにいくつかのプレミアム機能を追加します。

Pro にできて Home にできないものを大まかにまとめた表です。

リモートデスクトップ機能 パソコンを別の場所から遠隔操作する
BitLocker ストレージのデータを暗号化する機能
Hyper-V 仮想マシンでパソコンを起動
※古い OS を動かして動作を検証するときに利用
グループポリシー機能 ユーザーやPCの設定を親PCで一元管理する

 

Windows 10 Proは、プロフェッショナルユーザーやビジネスユーザー向けに設計されているのが見て取れます。

BitLockerとは、ストレージ(HDD、SSD、外付けメモリ等)の内容を暗号化してセキュリティを確保する機能。保護したいボリューム(ドライブ)を選択して「BitLocker」を有効にすると、そのボリュームは暗号化され、外部からの不正アクセスに対して “ある程度” 安全になります。

 

ビジネス管理機能の違い

Home Pro
グループポリシー 対応
ドメイン参加 対応
Enterprise State Roaming と
Azure Active Directory
対応
Azure Active Directory ドメイン参加と
クラウドにホストされたアプリへの
シングル サインオン
対応
ビジネス向け Windows ストア 対応
割り当てられたアクセス 対応
動的プロビジョニング 対応
ビジネス向け Windows Update 対応
共有 PC 構成 対応
テスト受験 対応

 

ローカルグループポリシーエディタ

グループポリシーの設定項目のうち一部の項目については、コントロールパネルやOSの設定画面で編集可能です。
しかし設定の多くは、グループポリシーの編集画面であるローカルグループポリシーエディターか、レジストリエディターでしか編集できません。

そしてローカルグループポリシーエディターはProエディションでは使用可能ですが、Homeエディションでは使用できません。
したがってローカルグループポリシーエディターを使用したい場合にも、Proエディションが必要です。

 

ドメインに参加

WindowsにはActive Directory(AD)というディレクトリー サービスの機能が存在

とある範囲のネットワークに接続されているPC、それにログインするユーザーなどをまとめて管理する機能

Proエディションでは、この機能を利用するために必要なドメイン参加が可能です。
しかしHomeエディションのWindowsでは、ドメインに参加できません。

 

 

 

各Windows 10のコスト面

Windows 10 Homeダウンロード
Home Pro
公式価格 19008円(税込) 27864円(税込)
ビット数 32bit / 64bit 32bit / 64bit
CPUソケット数 1 2
(2つ対応のPCであれば)
最大メモリ(64bit) 128GB 2TB
最大メモリ(32bit) 4GB 4GB

価格は 7000~8000円ほど Pro の方が高い

Home の最大メモリは 128GB です。普段図解では128GB もメモリを使わないので、 32GB あれば十分

むしろライトユーザーなら 8GB で十分かもしれません。

 

価値と結論

Windows 10 HomeとProの違い

最終的に、Windows 10 HomeまたはWindows 10 Proどちらをこうにゅうするべきなのか??

 

【Windows10 HOME

 

 

カジュアルなユーザーやPCゲーマーであり、プレミアム機能に興味がない場合はより手頃なWindows 10 Homeでじゅうぶんかもしれません。

経験から欠けているものを見つけることはまずないでしょうし、かなりのお金を節約できます。

Windows 10 Homeはほとんどのユーザーに十分であるため、追加機能を利用するつもりがない場合は、Proエディションにより多くのお金を費やす必要はありません。

 

【Windows10 PRO

 

 

Windowsパワーユーザーやさきほど紹介したビジネス機能を使いたいならWindows 10 Proはおそらく追加投資の価値があるでしょう。

さらに、Windows 10 Proは今後も多くの機能をアップデート続けるため、さらに便利になりますので価格差は1万円以下ですから、Proエディションの購入は新機能を使いたい方にはおすすめします!

後でHomeからProエディションにアップグレードすることもできますが、費用が1.3~1.4万円前後かかるので割高になります