『フォールアウト76』エンクレイヴ・ブラザーフッドなどの派閥が登場!新派閥も・・・(Fallout 76)

fo4-power-armor-paint-bos.jpg
今回は
『フォールアウト76』エンクレイヴ・ブラザーフッドなどの派閥が登場!新派閥も・・・(Fallout 76))
・『Fallout 76』攻略
■Fallout 76の新規クリーチャーまとめ!すべての野生生物、動物、おぞましい敵を攻略せよ!!
■『フォールアウト76』新機能トレジャーマップ!宝の地図を使いレアアイテムを手に入れるやり方!(Fallout 76)
■『フォールアウト76』チャレンジ・実績でアトムキャップを入手し特別なレアアイテムを攻略・入手せよ(Fallout 76)
■『フォールアウト76』突然変異と病気の効果・違い!ミュータントになる原因とメリット・デメリットは??(Fallout 76)
■フォールアウト76』地図・MAP ボブルヘッド・宝の地図・ワークショップ・フュージョン・コア・クエスト・パワーアーマの場所一覧(Fallout 76)
■『フォールアウト76』ボブルヘッド・雑誌・スキル雑誌(スキルブック)の効果・仕様は?(Fallout 76)

■『フォールアウト76』SPECIALシステムのPerkカードとスキルのフリ直しを防ぐ!スキル振り分けシュミレーションサイト
■『フォールアウト76』SPECIALシステムのPerkカードとスキルの仕様・効果一覧 カードランクの上げ方・カードの入手方など・・・(Fallout 76)
■『フォールアウト76』核ミサイル・原子爆弾のシステム・発射までのクエストやり方 発射コードの調べ方(Fallout 76)
■『フォールアウト76』死んだ・キルされた場合のデスペナルティと復活仕様について(Fallout 76)
■『フォールアウト76』VATS(バッツ)の使い方と命中率・手足の選択のやり方(Fallout 76)
■『フォールアウト76』RAD防護スーツ(Hazmat Suit)の効果とスーツの場所一覧 放射能対策に!(Fallout 76)
■『フォールアウト76』ロックピック・鍵開けのやり方とピッキングスキルの上げ方(Fallout 76)
■『フォールアウト76』空腹、飢え・喉の渇きの効果 おすすめパークなどの対策法(Fallout 76)
■『フォールアウト76』C.A.M.P.(キャンプ)の設置・移動法とおすすめの拠点場所(Fallout 76)
■『フォールアウト76』武器一覧と武器のクラフト・改良のやり方とレシピの活用法 最強武器は?(Fallout 76)
■『フォールアウト76』おすすめ効率のいい経験値稼ぎ・レベル上げ方法・やり方(Fallout 76)
■『フォールアウト76』希少なキャップ稼ぎの入手法 効率のいい金策・金稼ぎ方は?(Fallout 76)
・『Fallout 76』設定
■フォールアウト76』英語版や英語音声+日本語字幕に変更する設定方(Fallout 76)
■『フォールアウト76』操作方法&設定 PS4・PC版 平和主義モードや視点変更・○・?の割当変更
■『フォールアウト76』FOV・視野角変更や・ロゴムービーの消し方 パッチによりiniによるfps/FOV変更が不可能に?
■『フォールアウト76』一人称視点と三人称視点の変更法とメリット・デメリット(Fallout 76)
・『Fallout 76』派閥
■『フォールアウト76』派閥レイダーやエンクレイブ・ブラザーフッドなどを探して参加・加入する方法(Fallout 76)
■『フォールアウト76』エンクレイブ派閥に参加するやり方と利点・メリット(Fallout 76)
■『フォールアウト76』Brotherhood (ブラザーフッド)の派閥に参加するやり方・クエストと利点・メリット(Fallout 76)


『Fallout 76』でvaultから出てくると、ウエストランドでどのように生き残り、栄えていくかについて、多くの選択を与えられる。あなたと同じくその世界に住むさまざまな派閥につくか、あるいは、逆らうかという決定が、その選択のひとつになるだろう。
「Fallout」のTwitterで発表されたように、5つの派閥が明らかになった。Brotherhood of Steel、Enclave、Raidersとおなじみのものもあるが、Free Statesとthe Respondersというふたつの新しい派閥も注目を集めることになりそうだ。
Captain Roger Maxsonによって2077年11月に「カリフォルニアのLost Hillsのシェルター」で組織されたBrotherhood of Steelは、遠くまで届くように衛星を使用した。そして、その影響とメッセージははるかウエストバージニアまで進出した。
Enclaveは、「爆弾が落ちる直前、合衆国の上層部が遠く離れたサンフランシスコ沖にあるOil Rigに移転」させて組織された。彼らのミッションは、「アパラチアの奥深くのどこかに隠されている」ものも含む国中の戦略基地を拠点とし、アメリカの力を再建することだ。
Raidersは、爆弾が世界を壊滅させた直後からずっと「ウエストランドの惨劇」だ。彼らの「謎のリーダー」Roseはミステリアスな過去を持ち、彼女は「Top of the Worldのアジトから大虐殺をじっと見ているが」、何を「手に入れることが望みなのだろうか」という疑問が浮かび上がる。

『Fallout 76』の新派閥のひとつ、Free Statesはを核戦争が始まった日を知っていた(あるいは、知っていると主張した)。そして、彼らはそれが実際に起こった時には準備をしていた。これらの「この世の終わりの日に備える者たち」は爆弾から生き延びた、そう、“少なくともしばらくの間は……”
「Fallout」の世界でのもうひとつの新しい派閥、Respondersは「献身的にコミュニティを救った、勇敢な消防士、警察官、医療のプロフェッショナル」のグループだ。彼らは「お互いを助け合う……なんとしてでも」というひとつのミッションを持って活動する。
『Fallout 76』は2018年11月14日、PlayStation 4、Xbox One、PCでリリースされる。Xbox Oneでは明日から、 B.E.T.A. (Break-It Early Test Application)がスタートし、『Fallout 76』を予約した人は実際にゲームをプレイしてみることができる。

「奇妙に孤独なマルチプレイヤーゲーム」とIGNでは評した『Fallout 76』、アパラチアのウエストランドにはどんな秘密があるのかをざっと通して見ただけだが、ここにはかなりの秘密が含まれているのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です